Amacode

せどりツールAmacodeを徹底解説!使い方や設定方法、見方まで

「最近、せどりすとプロの調子が悪くて、他のサーチツール探してるんですよねぇ…」なんて話を良く聴きます。

そうなんです。

実は僕自身も、つい最近までせどりすとプロを愛用していたし、これからせどりを始める人におすすめをしていました。

しかし、AmazonのPA-APIの仕様変更によって使えなくなってしまいました。

「これは困った…これからどのツールを使おうか…」

そう思っていた時、ふと思い出したのがAmacodeでした。

久しぶりに使ってみると、とても使いやすい!という事で、最近はAmacodeをメインに使っています。

この記事では、そんなAmacodeについて詳しく解説して行きます。

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中

Amacodeとは?

Amacodeとは、せどりの仕入れの時に使うサーチアプリです。

Amacodeを使うと何が出来るのか。

一言でいえば、目の前の商品の「相場」が分かります。

相場が分かれば、その商品を仕入れるか仕入れないかを決める事が出来ます。

それを元に目の前の商品を仕入れるか仕入れないかを決めます。

Amacodeのダウンロード方法と登録方法

Amacodeを使うには、アプリをダウンロードして、アカウント登録をする必要があります。

Amacodeのダウンロードは「Amacodeのダウンロード方法と登録方法」という記事に書いてあるのでチェックしてみて下さい。

Amacodeの設定方法

Amacodeのダウンロードとアカウント登録が出来たら、使いやすくなるように設定をしましょう。

Amacodeの設定方法は「Amacodeの設定方法」という記事に書いてあるのでチェックしてみて下さい。

Amacodeの具体的な使い方

さて、設定が済んだら、実際にAmacodeを使ってみましょう。Amacodeの使い方は「Amacodeの使い方」という記事をチェックしてみて下さい。

Amacodeを徹底解説!使い方や設定方法、見方まで

さて、Amacodeについて詳しく解説して来ました。

全て(リンク先含め)を読んで頂くと分かりますが、せどりの仕入れは、サーチツール単体で終わるようなものではありません。

モノレートorDELTAなどのデータも総合的にチェックして仕入れを決めます。

では、実際にどのような感じで仕入れをするのか。

詳しくは「初心者でもわかるせどりの仕入れの具体的なやり方」という記事に書いてあるのでチェックしてみて下さい。

上記で紹介した「初心者でもわかるせどりの仕入れの具体的なやり方」はせどりすとを使った仕入れの方法をお伝えしていますが、仕入れの方法は本質的な部分で全く同じなので問題ありません。

安心して読み進めてみて下さい。

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中