Amacode

せどりのサーチツール!Amacodeの使い方

「え…?無料なのにインストアコード読み取れるの?Amacode使ってみたら仕入れメッチャ捗るんだけど」

こんな声もちらほら聞こえるせどりのサーチツールAmacode。

この記事では、Amacodeの使い方について詳しく解説して行きます。

 

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中

Amacodeの使い方

Amacodeの使い方を下記2つの段階に分けてお伝えして行きます。

  1. サーチ方法
  2. それぞれのボタンの解説

Amacodeのサーチ方法

Amacodeの基本機能であるサーチ機能の使い方をお伝えして行きます。

Amacodeのサーチ機能は大きく分けて下記の3つです。

  1. バーコード読み取り
  2. インストアコード読み取り
  3. キーワードサーチ

一つずつ解説して行きますね。

バーコード読み取り

本などについているバーコードを読み取る機能の事です。

使い方は簡単で下記の通りです。

  • 「バーコード」という部分をタップ
  • 画面上半分の「タップして読み取りを開始」をタップ
  • (カメラが起動するので)サーチしたい商品のバーコードにかざす

すると、このように読み取った商品の情報が表示されます。

 

インストアコード読み取り

インストアコードを読み取る機能のです。

インストアコードとは、そのお店独自のバーコードの事です。

ブックオフでは下記のようなバーコードが貼ってあります。

これがインストアコードです。

これを読み取る機能は、通常有料機能でしたが、Amacodeはこの機能が無料で使える所が素晴らしいのです。

使い方も簡単で、下記の通りです。

  • 「インストアコード」という部分をタップ
  • 画面上半分の「タップして読み取りを開始」をタップ
  • カメラをバーコードにかざす

やり方は、バーコード読み取りとほぼ同じです。(最初にタップする所が違うだけ)

 

キーワードサーチ

キーワード機能と言っていますが、JANコードやISBNコードを手打ちで検索することも可能です。

古いバンドスコアなどは、読み取るバーコードが付いていない場合もあるので、ISBNコードを打ち込んで検索する事もあります。

やり方は下記の通りです。

  • 画面上の「Amazon商品検索」をタップ
  • 検索したいキーワードやISBN、JANコードなどを入力する
  • キーボードの「検索」をタップ

すると、下記の通り検索結果が表示されます。

それぞれのボタンの解説

Amacodeでは、サーチした商品の情報をより詳しく見るために便利なサイトへ1タップでアクセスするためのボタンがあります。

(下の画像の赤い四角で囲ってある部分です。サーチした商品をタップすると出て来ます。)

ボタンは全部で下記の6つです。

  1. Amazon
  2. DELTA
  3. モノレート
  4. 電脳サーチ
  5. 価格com
  6. オークファン

それぞれ、解説して行きますね。

Amazon

解説する必要もないかも知れませんが、Amazonのサイトに飛ぶボタンです。

ライバル出品者さんが出品している商品の状態を確認して、仕入れるか仕入れないかを判断する時にAmazonのボタンを良く使います。

例えば、付録付きの雑誌を仕入れる時などにAmazonボタンを押してライバル出品者さんの商品コメントを確認しますね。

どのようにチェックするかは「ブックオフの雑誌せどりでまず1万円稼ぐための3つの仕入れのチェックポイント」という記事の「付録付き雑誌」の項目を確認してみて下さい。

DELTA

DELTAは、商品の価格ランキングの変動を見るためのサイトです。

なぜ、商品の価格やランキングの変動を見るのかというと、その商品が過去にいくらでどれくらい売れていたのかを確認するためです。

Amacodeでサーチをして分かる事は「今、この商品がいくらで出品されているか」です。

 

ただ、今5000円で出品されている商品が、5000円で売れるという保証はどこにもありません。

そこで、DELTAで、過去にいくらで売れていたのかを確認するのです。

過去に5000円で売れている形跡があれば「これは5000円で売れそうだな」という事が分かりますし、5000円で売れそうな商品が1000円で売っていれば、安心して仕入れが出来ますよね。

そのためにDELTAに飛びます。

モノレート

モノレートは、先ほど紹介した「DELTA」とほぼ同じ機能を持つサイトです。

なので、基本的にはDELTAかモノレート、どちらか片方だけ見ればOKです。

個人的には、見慣れているモノレートを見る事が多いですが、それぞれお好みの方をお選び下さい。

モノレートの詳しい解説は「モノレートの見方を徹底解説します」という記事に書いてあるのでチェックしてみて下さい。

 

電脳サーチ

電脳サーチは、サーチした商品が、ネットショップ(楽天、Amazon、Yahoo!など)でいくらで出品されているかを確認することが出来るサイトです。

(※↓のような感じで安く出品されている順に表示されます)

電脳サーチをどう使うか。

例えば、モノレート(やDELTA)で確認した所、5,000円前後で売れそうだということが分かった「商品A」があったととします。

電脳サーチをチェックした所、商品Aが楽天で1,000円で売っている事が分かったとしましょう。

1,000円で仕入れた商品Aを5,000円で販売したとすると、4,000円の利益が出ます。

要するに、電脳仕入れのサポートをしてくれるサイトという事ですね。

 

価格com

ご存知の方も多いと思いますが、価格comは日本全国の価格情報や、ユーザーの声(レビュー)を確認出来るサイトの事です。

古本せどりなどの場合はあまり使いませんが、新品家電せどりなどをする方の場合は使っている人もいるようです。

 

オークファン

オークファンは、過去のオークションの落札履歴を見られるサイトです。

 

Amacode使い方まとめ

ここまではAmacodeの使い方をお伝えして来ましたが、基本的な使い方としては下記の通りです。

  1. サーチ機能でサーチ
  2. モノレートorDELTAで相場を確認

この2ステップを経て、利益が出そうな商品であれば仕入れる。

そして余裕があれば電脳サーチなどを確認して、電脳仕入れも取り入れて取りこぼしをなくすみたいな感じが良いかもですね。

少しでも参考になれば幸いです。

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中