本せどり

本せどりで稼げないと悩んでいる人にお伝えしたい2つの事

僕は普段、本&雑誌せどりメインで稼いでいます。
(この記事では雑誌せどりも含めて「本せどり」という言葉を使います)

メルマガやブログで情報発信をするようになってからは、せどりに関する無数のお悩み相談を頂いています。

その中でも割と多い相談が「本せどりで全然稼げないんですけど、何かアドバイスはありませんか?」というものでした。

そこで、この記事では本せどりで稼げない理由をお伝えして行きます。

なぜ、「稼げない理由」をお伝えするかというと「稼げる理由」は無数にあるけど、「稼げない理由」は何個かしかないからです。

つまり、本せどりで稼げるようになるには、「稼げる理由」を集めまくるよりも「稼げない理由」を一つ一つ取り除いた方が速いって事ですね。

という事で、本せどりで稼げない理由を一つ一つ取り除いていけば、稼げるようになる可能性が飛躍的に上がるので是非参考にしてみて下さい。

本せどりで稼げない理由は本の仕入れが出来ないから

割と当たり前のことですが、一応大前提としてお伝えしておくと、本せどりで稼げないのは、本の仕入れが出来ないからです。

だって、仕入れさえ出来れば、後は出品して売れるのを待つだけですからね。

逆に言えば、本の仕入れが出来れば、本せどりで稼げるようになるという事です。

本せどりで稼げない理由

では、本せどりで稼げない(仕入れが出来ない)理由って何でしょうか?

僕が「本せどりで稼げない」と悩んでいる方の話を聞く内に分かって来た「稼げない理由」は下記の2つです。

  1. 高利益の本ばかり仕入れようとしている
  2. FBAで利益が出る本ばかり仕入れている

詳しくお伝えして行きます。

高利益の本ばかり仕入れようとしている

「本せどりは高利益が狙えます!」という話を聞いて、本&雑誌せどりを始めた方も多いのではないでしょうか?

確かに、本せどりって高利益が狙えますし、実際に利益率70%とか普通にあります。

(具体的な事例については「【雑誌せどり】雑誌せどりの利益率の高さを販売事例を見ながら解説します」という記事を読んでみて下さい。)

ただ、当然高利益な本ばかりを仕入れているわけではなくて、例えばこんな本も仕入れたりしています。

510円仕入れ ⇒ 1500円販売(FBA販売)

FBA販売なので、1冊の粗利益は301円です。

利益は出ているけど、決して高利益な本ではないですよね。

でも、こういう薄利な本って案外バカになりません。

1ヵ月に10冊こういう本を販売したら、それだけで3000円のプラスになりますからね。

20冊売ったら6000円だし、30冊売ったら9000円のプラスです。

つまり、1日1冊300円の利益が出る本が売れるだけで9000円稼げるって事です。

これって結構、利益の上乗せになるんですよね。

 

でも、本せどりで稼げない人って、こういう薄利の本をスルーしてしまう傾向にあります。

なぜなら、本せどりは高利益という印象が強いからです。

「こんな薄利は本を仕入れても意味がないや」と思ってしまう傾向にあるって事ですね。

という事で、本せどりで稼げないとか、本の仕入れが出来ないと思っている方は、こういう薄利の本も仕入れの対象に入れてみて下さい。

そうする事で仕入れの量が増えて、結果的に稼げるようになります。

ちなみに、薄利で回転が悪い本は仕入れない方が良いです。そこだけご注意下さい。

 

本せどりで稼げない人はFBAで利益が出るものだけを仕入れようとしている

実は、FBAでは利益が取れないけど自己発送出品なら利益が取れる本って、いっぱいあるんですよね。

例えば、こんな本です。

少し見えにくいですが、こちら900円仕入れです。

出品者を見てみると…

最安値が1421円(+送料257円)の自己発送出品。

FBAの最安値は1680円。

この時、FBA出品を考えると1680円前後で出品する事になります。

では、FBAでこの本を販売した場合、いくらの利益が出るか計算すると…

 

1680円(売値)×0.85(販売手数料15%)=1428円

1428円 - 86円(カテゴリー手数料)=1342円

1342円 - 360円(FBAの発送代行手数料)=982円

982円 - 900円(仕入れ値)=82円

なんと、たったの82円しか利益が出ません。

先ほど、「薄利の本も仕入れましょう」とは言いましたが、さすがに82円は薄利過ぎます。

ただ、これを自己発送で1421円で販売した場合こうなります。

1421円(売値)× 0.85(販売手数料15%)=1208円

1208円 - 86円(カテゴリー成約料)=1122円

1122円 - 900円(仕入れ値)=222円

222円 - 185円(送料:クリックポスト)=37円

37円 + 257円(Amazonから支給される送料)=294円

294円の利益が出るわけですね。

300円にわずかに届かない利益ではありますが、モノレートをチェックして見ると、大きな値崩れの心配も無さそうですし、回転(売れる速さ)も良いので、仕入れの対象に十分成り得ます。

こういう本を仕入れて販売する事で、着実に利益を積み重ねて行く事が出来ます。

なので、稼ぐ事を1番に考えるのであれば、自己発送出品なら利益が取れる本も仕入れの対象にすると仕入れの量も増えて、利益が増えます。

お金を稼ぐという事を第一に考えるのであれば、「自己発送なら利益が取れる本」も仕入れ対象にした方が良いですよって話です。

本せどりで稼げない理由まとめ

さて、ここまで、本せどりで稼げない(仕入れが出来ない)理由は

  1. 高利益の本ばかり仕入れようとしている
  2. FBAで利益が出る本ばかり仕入れている

の2つであるという事をお伝えして来ました。

要するに、本せどりで稼げない理由は仕入れの幅を極端に狭めてしまっている事なんですよね。

もちろん、単純に行動量(リサーチも含め)が足りないとか、そういう根本的な部分で稼げていない方もいます。

ただ、わざわざこの記事をここまで読むほど勉強熱心なあなたの事ですから、行動量が足りないなんて事はないんですよね。

という事は、稼げない理由は、やはり仕入れの幅を極端に狭めてしまっている事です。

是非、上記2つの稼げない理由を意識しながら仕入れをしてみて下さい。

仕入れられる本の数が増えて、本せどりで稼げるようになりますよ。

RELATED POST