本せどり

本せどりの価格改定の頻度はどれくらいが理想なのか

本せどりってどれくらいの頻度でやれば良いんだろう?

あなたは今、そんな風に考えていませんか?

そこで、この記事では、本せどりの価格改定についてお伝えして行きます。

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中

本せどりの価格改定は毎日やった方が良い

結論からいうと、本せどりの価格改定は毎日やった方が良いです。

 

本せどりって、最安値にしておくことが非常に重要になります。(付録付きの本、付録付き雑誌などは例外です。)

なぜなら、最安値が一番売れやすいからです。

つまり、常に本を最安値に設定しておくのが理想という事ですね。

 

常に最安値に設定しておくのが理想ということは、当然価格改定の頻度は高ければ高いほど良いという事になります。

なので、本の価格改定は出来れば毎日やった方が良いという結論になるわけです。

在庫数が増えて来たらツールを使って価格改定をしよう

在庫数が100冊や200冊程度であれば、毎日手動で価格改定をやっても、そこまで苦にはならないでしょう。

しかし、在庫数が300、400、500…と増えるにつれ、価格改定にかかる労力と時間が増えて行きます。

すると、毎日価格改定をするのが苦痛になって来てしまうんですよね。

そんな時におすすめなのが、価格改定を自動でやってくれるツールを導入する事です。

おすすめの価格改定ツールはプライスター

価格改定ツールと言っても、色々な価格改定ツールがあります。

例えば、有名どころでいうと下記の3つです。

  • プライスター
  • マカド
  • Amazonセラーセントラルが提供する価格改定ソフト

「じゃあ、価格改定ツールってどれが良いの?」なんて思う人もいると思うので、僕がおすすめする価格改定ツールを紹介します。

胸を張っておすすめ出来る本せどりの価格改定ツールはプライスター

価格改定ツールの中で、一番おすすめ出来るのがプライスターです。

っていうか、せどりツールに関しては、プライスター一択です。

普段、あまり言い切ることをしない僕ですが、価格改定ツールに関しては言い切ります。

「価格改定ツールはプライスターを使いましょう」と。

プライスターを猛烈におすすめする理由

なぜ、こんなにプライスターを猛烈におすすめするかというと、価格改定ツールを使って来た中で、

  • 使いやすさ
  • 機能の豊富さ
  • 運営会社の対応や誠実さ

どれもぶっちぎりで1位だったからです。

「他の追随を許さない」という言葉がありますが、その言葉にふさわしいレベルでぶっちぎり1位だったのがプライスターです。

是非、価格改定ツールを導入するのであればプライスターを使ってみて下さい。

プライスターの詳細はこちら

Amazonセラーセントラルから提供される無料ツールはおすすめしない

一応お伝えしておくと、先ほど紹介したプライスターは有料ツールです。

月額4800円かかります。

一方、Amazonセラーセントラルから提供される価格改定ツールがありますが、これは無料です。

ただ、Amazonセラーセントラルから提供される価格改定ツールはおすすめしません。

なぜなら、メチャクチャ使い勝手が悪いからです。

 

何と言うか…一々使いにくい仕様になっているんですよね。

いくら無料といえど、ここまで使いにくいツールだと無駄な時間を消費してしまいます。(設定するのに時間がかかったりしますからね)

であれば、お金を払ってでも

  • 使いやすくて
  • 操作も分かりやすくて
  • 導入も数分で完了する

プライスターを使った方が良いですね。

プライスターの詳細はこちら

 

本せどりの価格改定ツールも無料にこだわると良いことない

ビジネスで稼ぐという事を考えた時、無料にこだわるのは非常に危険です。

本せどりの価格改定ツールも例外ではありません。

なぜなら、無駄な時間を使ってしまう可能性が高いからです。

 

今回のツールの件で例えるなら「無料のツールにこだわるあまり、使い方が分からず、大切な時間を失ってしまう」という事ですね。

この場合、お金は1円も失っていないのですが、お金よりも大切な時間を失っています。

なんでお金より時間が大切なのかというと、お金は稼げば良いけど、過ぎた時間は戻ってこないからです。

ということで、有料ではありますが、価格改定ツールはプライスターを使う事をおすすめします。

プライスターの詳細はこちら

 

プライスターは価格改定ツールだけじゃない

実は、プライスターって価格改定ツールだけじゃなく、下記のような機能も追加料金なしで使えます。

  • 出品サポート
  • 商品管理
  • 売上自動集計
  • 激安配送サービス(プライスター便)
  • etc…

価格改定ツールだけでも、月額4800円を支払う価値はあります。

だって、人を雇って常に価格改定をしてもらうのであれば、月額10~20万円以上の給料を支払う必要がありますからね。

それを考えれば、月額4800円は激安です。

しかし、そこから更に別のツールも使い放題なのがプライスターの素晴らしい所ですね。

という事で、せどりのツールを使うならプライスターをおすすめします。

プライスターの詳細はこちら

 

本せどりの価格改定の頻度はどれくらいが理想なのかまとめ

さて、この記事でお伝えしたい事をまとめると下記のようになります。

  • 本せどりの価格改定の頻度は毎日
  • なぜなら、本せどりは常に最安値にしておく事が重要だから
  • 価格改定ツールはAmazonセラーセントラルのものよりプライスターを使うのが良い
  • なぜなら、使い勝手が良く、価格改定ツール以外の機能も充実しているから

少しでも参考になれば幸いです。

 

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中
RELATED POST