本せどり

本せどりに必要な道具(ツール)とアプリを紹介します!

「本せどりを始めるために、どんな道具(ツール)が必要なの?何を準備すれば良いんだろう?」あなたは、こんな風に思っていませんか?

実はこれ、僕がせどりを始める時に、不安に思った事です。

実際に行動してみれば分かる事ではありますが新しい事を始める時って、ほんの些細な不安が大きな不安に感じられるんですよね。

で、不安が大きくなり過ぎて動けなくなってしまったり…

という事で、あなたのそんな不安を取り除くため、この記事ではせどりを始めるために必要な道具を全て紹介してみました。

この記事を参考に、必要な道具を揃えたり、アプリをインストールしてみて下さい。

※この記事では「本せどり」と言っていますが、たいがいどのジャンルのせどりにも必要な物を紹介しています※

せどりのメルマガやってます

ともぞうのせどりメルマガでは、せどりで稼ぐための知識や考え方をブログよりも詳しく深く掘り下げてお伝えして行きます。

具体的にはこのような内容です。

  • 実際に仕入れて販売した雑誌の紹介
  • その雑誌をなぜ仕入れたのか
  • なぜこの価格に設定したのか

興味があればメルマガに登録しておいて下さい。

ともぞうのせどりメルマガに今すぐ登録する

  • 登録はもちろん無料です。
  • 必要がなくなれば、いつでも簡単に配信解除をして頂けます。

本せどりに必要な道具(ツール)

パソコン

本せどりは、とりあえずパソコンがないと始まりません。

最近は「スマホやタブレットしか持っていないのですが、パソコンがないとダメですか?」という質問を受けます。

スマホやタブレットだけでも出来ない事はありませんが、出品の作業などはパソコンの方が圧倒的に捗ります。

今後、超高性能なタブレットやスマホが出来れば、もしかすると状況は変わるかも知れませんが、現段階では、パソコンを1台用意する事をおススメします。

(2019年3月現在)

本せどりではどんなパソコンを用意すれば良いの?

「本せどりに使うパソコンってどんなのを買えば良いのか分からない」という質問も良く受けます。

答えから言うと、下記の事が出来れば問題ありません。

  • ネットサーフィンが快適に出来る
  • Excelが使える

例えば、このレベルのスペックがあれば十分です。

 

【Microsoft Office2010搭載】【Win10搭載】NEC VK24TX-D/第二世代Core i5 2.40GHz/メモリ4GB/HDD250GB/DVDスーパーマルチ/大画面15インチ/無線LAN搭載/中古ノートパソコン
by カエレバ

↑これなら、office(WordやExcel)も最初から入っているしテンキーも付いているので、せどりに使うパソコンをなるべく安く買いたいという方にはおススメです。

特に、Excelは商品の在庫管理に使うので重要です。

テンキーに関しては、数字入力の時に便利です。

ちなみに、↑のリンクからこのパソコンを購入する事も出来ますが、家電量販店に行って、店員さんに相談したり、パソコンに詳しい友達がいれば相談して購入を決めるのが良いかなと思います。

相談する時には、下記のように伝えれば問題ないでしょう。

  • ネットサーフィンが快適に出来る程度のスペックでOK
  • Excelも使いたい

 

本せどりに使うパソコンはMacかWindowsか

本せどりに使うパソコンはMacでも大丈夫ですか?という質問も良く受けます。

答えから言うと、Macでも全く問題ありません。

Macしか持っていないのであれば、それを使いましょう。

ただし、これからパソコンを買うのであれば、Windowsをおススメします。

なぜなら、操作がわからなかった時などに操作方法を調べやすいからです。

日本国内のパソコンのシェアはWindowsが88.51%を占めています。(2019年1月現在)

参考ページ>>>Windows 10が増加 – 12月OSシェア

 

要するに、日本国内ではWindowsを使っている人が圧倒的に多いという事。

だから、Windowsに関する全体的な情報量が多いのです。

全体的な情報が多いという事は、問題解決のための情報も多いという事でもあります。

つまり、何か困った事があった時に、その問題を解決するための情報が見つけやすいという事ですね。

なので、MacかWindowsで迷っているのであれば、Windowsをおススメします。

スマートフォン(iPhone・Androidどちらでも)

スマートフォンは、仕入れの時に使う必須アイテムです。

スマホの中に「せどりすと」というサーチツールを入れ、それを使う事で、目の前にある商品がAmazonでいくらで出品されているかを確認します。

こちらも、そこまで高性能である必要はありませんが、あまり古いスマホだと、下記のような不具合が出てしまいます。

  • アプリがすぐに落ちる
  • 充電の減りが早い

そのため、仕入れに無駄な時間がかかってしまうので、ある程度新しいものに変える事をおススメします。

プリンター

プリンターは、下記の事をするのに必要になります。

  • 商品が売れた時の発送ラベルを印刷(主にクリックポスト)
  • FBA出品をする時のラベルを印刷

 

プリンターに関しても、そこまで高性能な必要はありません。

ちなみに、僕が使っているプリンターはこちらです。

 

HP Photosmart 5521 A4カラー複合機 (ワイヤレス印刷対応・自動両面印刷・4色独立) CX049C#ABJ
by カエレバ

無線印刷も出来ますし、スマホからのプリントも可能です。

安価なプリンターなのに、もう3年以上快適に使い続けられています。

非純正のインクを買えばインク代も安く済むので、コスパ最強です。

 

【 ICチップ付 】 HP178 XL 互換 4色セット 増量タイプ 【残量表示あり】【新機種対応】【HP互換】
by カエレバ

 

KDC200i(仕入れ用バーコードリーダー)

本せどりの場合、最初はかなりの量をサーチする必要があります。

サーチの効率化をするためにバーコードリーダーが必要になります。

僕の場合、せどりを始めた頃は、まだガラケーでサーチをしていました。

そのため、全て数字を手打ちするしかサーチ方法がなかったのです。

ですから、僕はビームを使った事がありません。

そして、今では半分目利きのような状態で仕入れをしているのでビームを使ってはいません。

 

しかし、僕がこれからせどりを始めるなら、確実にビームを買います。

その方が圧倒的に効率良く仕入れが出来るからです。

バーコードリーダーも色々なモデルがありますが、知り合いのせどらーからお借りして試してみた所、こちらのバーコードリーダーがダントツで使いやすかったです。

少々お値段は張りますが、このようなツールに投資して損はありません。

 

梱包資材

Amazonに出品した本が売れた時や、FBAに送る時に商品を裸のまま送るわけにはいきません。

特に本の場合は紙で出来ていますから、雨に濡れたりしないように梱包する必要がありますね。

そこで必要になるのが、梱包資材です。

梱包資材と一口に言っても色々とありますので、一つずつお伝えして行きます。

 

クリスタルパック

クリスタルパックって何ですか?って思う方もいるかも知れませんが、透明で丈夫な梱包用の袋の事です。OPP袋とも言います。

僕は、本と雑誌を主に扱っていて、下記の3種類のクリスタルパックを常備しています。

 

ヘイコー 透明 OPP袋 クリスタルパック テープ付 B4 100枚 T-B4
by カエレバ

 

 

ヘイコー 透明 OPP袋 クリスタルパック テープ付 A4 100枚 T-A4
by カエレバ

 

 

ヘイコー 透明 OPP袋 クリスタルパック テープ付 B5 100枚 T-B5
by カエレバ

本せどりの場合、とりあえず上記の3つを揃えておけば事足ります。

 

梱包用ラップ

こちらは、クリスタルパックに入らない大きな本を梱包する時に使います。

まぁ、そんなに多くはありませんが、たまーにあります。

なので、本せどりだけやるのであれば、揃える優先順位は低めです。

最初だけ、ハンドルの付いているこちらを購入しましょう。

 

三友産業 ハンディラップ 本体 HR-1301 厚さ0.02mm×幅100mm×150m ひもより便利 簡単に結束出来る ハンドル付ラップ厚手
by カエレバ

 

そして、次からは、交換用のラップを購入すればOKです。

 

三友産業 ハンディラップ 詰替 HR-1302 厚さ0.02mm×幅100mm×150m ひもより便利 簡単に結束出来る ハンドル付ラップ詰替用厚手
by カエレバ

 

テープ類

クリスタルパックに入れた商品の余った部分を留めたり、FBAの発送の時に段ボールに封をするためのテープです。

僕が使っているのは、クリスタルパックを留めるための透明テープ。

3M セロテープ スコッチ 梱包テープ プロ仕様 48mm×50m カッター付 375DSN
by カエレバ

 

それから、こちらの布テープです。

 

ニチバン 布テープ 50mm×25m巻 121-50 黄土
by カエレバ

段ボールの封をする時は、紙テープではなく、↑のような頑丈な布テープをおススメします。

大切な商品が入っている段ボールですからね^^

段ボール

段ボールはFBAに出品する商品をAmazonの倉庫に送るために使います。

これについては、スーパーやドラッグストアなどで貰う派とAmazonなどで買う派にキレイに別れます。

ちなみに、僕は買う派です。

なぜなら、ちょうどいいサイズの段ボールを探している間に1つも利益が出る商品を見つけた方が儲かるからです。

僕が使っているのは、このサイズの段ボールです。

 

ボックスバンク ダンボール(段ボール箱)100サイズ(記入欄付)10枚セット 引越し・配送用 FD06-0010-c
by カエレバ

雑誌を主に仕入れる人にとっては、このサイズ感が丁度いいですよ。

 

プリンター用紙&ラベルシール

自己発送で商品が売れた時に発送用のラベルを印刷します。(主にクリックポスト)

また、FBAに(Amazonの倉庫に)商品を送る時にはラベルを貼りつけて送る必要があります。(Amazonに任せる方法もありますが、最初はご自身でやってみた方が良いです。)

そのためのプリンター用紙とラベルシールです。

 

プリンター用紙

プリンター用紙に関しては、A4のものなら何でも大丈夫です。

僕は、毎回これを注文しています。

 

コクヨ コピー用紙 A4 白色度80% 紙厚0.09mm 500枚 FSC認証 KB-39N
by カエレバ

 

ちょっとしたメモをする時にも、便利です。

ラベルシール

先ほどもお伝えしましたが、FBAに送る前に商品ごとのラベルを印刷し、貼り付ける必要があります。

コピー用紙にラベルを印刷して、カッターやはさみで切り、透明なテープで貼り付けても良いのですが、それでは手間がかかり過ぎるためラベルシールに印刷してそれを商品に貼り付ける事をおススメします。

僕が普段使っているのはこちら

 

コクヨ カラーレーザー インクジェット ラベル 貼ってはがせる KPC-HH124-20
by カエレバ

以前は、安いラベルシールを使っていたのですが、その時は、よくプリンターに詰まってしまっていました。

↑このラベルシールに変えてから、明らかにプリンターの詰まりが少なくなりました。

クレジットカード

クレジットカードは、Amazonセラーセントラル(販売用)のアカウントを取得する際に必要になります。

また、最初は、手持ちの現金での仕入れをおススメしますが、ある程度慣れて来たら、クレジットカードでの仕入れも視野にいれると稼ぎやすくなります。

ですから、せどり専用のクレジットカードを作っておく事をおススメします。

僕は、せどり用のカードとして楽天カードを使っています



クレジットカードは別にどこのものを使っても良いのですが、必ずせどり専用のものを用意しましょう。

もし、クレジットカードが作れない状態であればデビットカードでもアカウントを取得する事も可能です。

銀行口座

銀行口座は、Amazonから売り上げ金を振り込んでもらうためのものです。

こちらも、せどり専用の銀行口座を用意しましょう。

どこの口座でも問題ありませんが、僕は、楽天カードを使っているので、銀行口座も楽天銀行を使っています。



本せどりに必要なアプリ

続いて、本せどりに必要なアプリを紹介して行きます。

本せどりに必要なアプリは下記の3つです。

  1. せどりすと
  2. Amazonセラーセントラルアプリ

 

せどりすと

せどりすとは、目の前の本が今Amazonではいくらで売られているのかを調べるためのアプリです。

せどりすとには下記の3つのアプリがあります。

  1. せどりすと(無料版)
  2. せどりすとプロ(買い切り2800円)
  3. せどりすとプレミアム(月額5400円、初月のみ+5400円)

 

最初はせどりすと(無料版)でも問題ありませんが、資金に余裕があれば、せどりすとプロを購入する事をおすすめします。

せどりすと(無料版)とせどりすとプロの違いは、色々ありますが、一番はやはり「インストアコードの読み取り機能があるかないかです。

インストアコードとは、各お店独自の商品管理バーコードの事です。

せどりすとプロでは、下記の3つのインストアコードを読み取る機能が付いています。

  1. ブックオフ
  2. TSUTAYA
  3. GEO

 

使ってみると分かりますが、インストアコードを読み取れると非常に素早くサーチをする事が出来て便利です。

なので、資金に余裕があればせどりすとプロを購入してみて下さい。

せどりすとのインストールの仕方や使い方は「せどりすとの基本的な使い方~3種類のサーチ方法とリストの削除方法~」という記事に書いてあるので参考にしてみて下さい。

 

Amazonセラーセントラルアプリ

Amazonセラーセントラルのアプリも入れておきましょう。

売り上げや、注文、現在の残高(Amazonにプールされている売り上げ)の確認も出来ますし、発送通知を送る事も出来ます。

また、僕個人的にはアプリではやりませんが、出品も出来ます。

入れておくと暇な時に売り上げを確認してニヤニヤしたりできるので入れておくと良いですよ(笑)

 

本せどりに必要な道具(ツール)とアプリまとめ

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

最後に、本せどりを始めるために必要な道具は下記の通りです。

  1. パソコン
  2. スマートフォン
  3. プリンター
  4. KDC200i(仕入れ用バーコードリーダー)
  5. 梱包資材
  6. プリンター用紙&ラベルシール
  7. クレジットカード
  8. 銀行口座

 

以上、8つがあれば、本せどりを始める事が出来ます。

クレジットカードや銀行口座は、手続きが完了するまでに時間がかかるため、早めに申請しておきましょう。

その他の道具については、すぐに集める事が出来るのでサクッと集めてしまいましょう。

そして、必要なアプリとしては下記の2つがあげられます。

  1. せどりすと
  2. Amazonセラーセントラル

 

アプリに関しても、全て今すぐダウンロードできるのでスマホに入れておいて下さい。

自由な時間自由なお金同時に増やして
好きな事を楽しむためのせどりのメルマガやってます

ともぞうのせどりメルマガでは現在、下記2つのプレゼントを配布中です。

  1. 3000円以上で売れた本のリスト50連発
  2. あなたの家にもあるかも?~意外と高くれ るあんな商品やこんな商品~

ともぞうのせどりメルマガに
今すぐ無料で登録する

また、せどりで効率良く稼ぎ、自由に使える時間自由に使えるお金同時に増やすための知識や考え方をブログよりも詳しく深く掘り下げてお伝えして行きます。

具体的にはこのような内容です。

  • 実際に仕入れて販売した雑誌の紹介
  • その雑誌をなぜ仕入れたのか
  • なぜこの価格に設定したのか

興味があればメルマガに登録しておいて下さい。

ともぞうのせどりメルマガに
今すぐ無料で登録する

  • 登録はもちろん無料です。
  • 必要がなくなれば、いつでも簡単に配信解除をして頂けます。
RELATED POST