本せどり

【本せどり】自己発送とFBAおすすめの発送方法はどっち?

  • 「本せどりの場合、自己発送とFBA、どっちの方がおすすめですか?」
  • 「本せどりの場合、自己発送とFBAどっちの方が儲かりますか?」

これは僕の所に良く届く質問です。

答えから言うと、人によるです(笑)

例えば、時間はたっぷりある。とにかくせどりの収益(利益額)を増やしたい。と思うのであれば自己発送をメインにした方が良いです。

逆に、とにかく時間がない。せどりで稼いで好きな事に使う時間を増やしたい。と思うならばFBAをメインに使った方が良いです。

ここで僕が言いたい事が分かった方はこれ以上読む必要はありません。

出品or発送作業をしましょう。

僕的には少し寂しいですが、仕方ありません(笑)

ただ、理由が気になるという方は、これからその理由をお伝えして行きますので、少しだけお付き合い下さい。

 

本せどりので自己発送かFBAか選ぶ決め手はお金と時間とスペースの使い方

「せどりで稼ぐ」という事を考えた時、どうしても最初に目が行くのがお金(利益額)だと思います。

確かに利益額は非常に大事です。

利益が出なければせどりは続けられませんからね。

でも、お金を稼ぐという事を考えた時もう2つほど重要な概念があります。

それが時間スペースです。

本せどりの発送方法、利益額だけで見たら自己発送の方が儲かる

利益額だけ見れば自己発送の方が儲かります。

その理由は下記の2つです。

  1. Amazonから貰える送料と実際の送料の差額があるから
  2. 発送業務を自分でやるから

 

Amazonから貰える送料と実際の送料の差額があるから

例えば、Amazonで本を販売した場合、1冊につきAmazonから257円を貰う事が出来ます。(デフォルトの場合)

で、大概の本はクリックポストで発送出来ます。

で、クリックポストの配送料は全国1律185円です。

という事は、1冊販売するごとに72円の差額が出るという事です。(257円-185円=72円)

この差額の72円が利益に上乗せされるわけですね。

「何だ。たった72円か」と思うかも知れませんが、1ヵ月に100冊売れば7200円ですからね。

せどりって基本的には小銭を集めるビジネスですから、こういう感覚は非常に大事になって来ます。

 

本の発送業務を自分でやるから

FBAの場合、発送業務はAmazonが代わりにやってくれます。

その分、手数料を取られます。

一方、自己発送の場合は自分で発送業務を行いますから、FBAのように手数料は取られません。

つまり、手数料分が浮くという事です。

以上2つの理由から、収益という視点で見た時には自己発送の方が「儲かる」と言えます。

更に、自己発送ならばAmazonから送料も貰えますし、発送方法を工夫すれば安く商品を送る事が出来ますから、利益額だけに焦点を当てるのであれば自己発送の方が儲かると言えます。

本せどりでFBAは自由に使える時間をお金とスペースを買うイメージで使う

FBAの場合、収益という視点で見たら自己発送には劣りますが、自由に使える時間とスペースという視点でみればFBAの方が圧倒的に優れています。

FBAの場合、自己発送の時のように1点1点梱包して発送するという業務は全て
Amazonがやってくれるので、その分自由に使える時間が増えます。

つまり、発送手数料(お金)を支払う事で(発送業務に費やす)時間を買っているという事です。

また、家に在庫を保管する必要がないので、自由に使えるスペースも増えます。

そう考えると、せどりで稼いで他に何かやりたい事がある人はFBAをメインに出品したら良いのです。

例えば、僕の場合、せどり業務以外にも下記の2つの時間も欲しいのです。

  • ベースを弾く時間
  • 本を読む時間

更にいえば、アフィリエイトもやっているし、セールスレターのお仕事もあるし、このブログや僕のメルマガを読んで下さっている方から来る質問にも答える時間も欲しい。

つまり、せどり以外にもやりたい事が沢山あるという事です。

そういう場合は、多少収益を減らしてでもFBAで出品する事をおすすめします。

本せどりの発送方法は自分の状況に合わせてFBAと自己発送を上手く使いこなそう

この記事でお伝えした事をシンプルにまとめると下記の通りになります。

  • 時間を使ってお金(利益)を取るのが自己発送。
  • 逆に、お金(利益)を使って時間とスペースを取るのがFBA。

どちらが良いとか、悪いとかではなく、ご自身の状況に合った方をバランス良く取り入れれば良いのではないでしょうか。

RELATED POST