せどり

せどりの利益を簡単に計算する方法

せどりで稼ぐ時に避けて通れないのが利益の計算です。

目の前の商品の相場は せどりすと を使えばわかりますし、その商品が「いくら」で「どれくらい」売れているのかを知るにはモノレートを使えばわかります。

しかし、最も重要なのは、その価格で仕入れて、その価格で販売した場合、いくらの利益が出るのかという事です。

そもそも、いくらの利益が出るのか分からなければ仕入れが出来ませんからね。

と、いう事で、この記事では、せどりで仕入れをする時の利益の計算方法をお伝えして行きます。

Amazonから引かれる手数料の概要については、「Amazon販売手数料の計算方法」という記事をまず読んでみて下さい。

ここから先は、この記事を読んだ前提でお話を進めて行きます。

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中

商品のカテゴリを把握しておこう

Amazon販売手数料の計算方法」でもお伝えしていますが、Amazonから引かれる手数料は、仕入れた商品のカテゴリによって変わります。

例えば、販売手数料はカテゴリーによって異なります。

具体的には、本の販売手数料は(販売価格の)15%が引かれますが、パソコン周辺機器の販売手数料は(販売価格の)8%です。

15%と8%では引かれる料金が大きく違いますよね?(販売額が大きくなればなるほど料金の差も開きますから)

また、本、CD、DVD、ビデオ(VHS)の場合は販売手数料とは別にカテゴリー成約料という謎の手数料が引かれます。

なので、まずは自分が良く仕入れる商品のカテゴリ(ジャンル)を把握しておく事が重要になります。

そして、そのカテゴリでは、どんな手数料が引かれるのか、いくら(何%)引かれるのかを頭に入れておきましょう。

Amazonから引かれる手数料から利益を計算する方法

さて、自分がどのカテゴリの商品を良く仕入れるのかを把握したら、実際に計算をして行きましょう。

ここでは、Amazonの中で最もポピュラーな「書籍(カテゴリー)」を例に利益の計算方法をお伝えして行きます。

例えば、ブックオフに仕入れに行き、せどりすと&モノレートを使いサーチした所、FBAで2000円で販売出来そうな本が見つかったとします。

値札を確認すると、仕入れ値は500円でした。

という事で、500円で仕入れて2000円で販売した場合、いくらの利益が出るのでしょうか?

一緒に計算して行きましょう。

一応わかりやすいように、前提条件をまとめておきます。

  • カテゴリ:
  • 販売(予定)価格:2000円
  • 仕入れ値:500円
  • 大きさ:標準(重さ2kg未満)
  • 出品(発送)方法:FBA
  • 出品形態:大口出品者

1、販売手数料を計算し販売(予定)価格から引く

まずは、この本の販売手数料を計算してみましょう。

ジャンルが本(書籍)の場合、手数料は15%です。

販売(予定)価格は2000円なので、

2000×0.15300

そこから更に消費税の8%が引かれます。

販売手数料は300円ですから、消費税は24円(300×0.08)。

つまり、販売手数料は324円引かれる事になります。

と、いう事で、販売手数料を引いた時点で1676円(2000円 - 324円)ですね。

2、カテゴリー成約料を引く

カテゴリが書籍(本)なので、カテゴリー成約料が86円(税込み)引かれます。

この時点で1590円1676円 - 86円)です。

3、出荷作業手数料を引く

FBAでの出品の場合、出荷作業手数料が引かれます。

本の場合、ほとんどが標準サイズなので、標準サイズで計算します。

という事で発送代行手数料360円(税込み)引かれます。

この時点で1230円1590円 - 360円)です。

4、仕入れ値を引く

ここまで計算出来たら、最後に仕入れ値を引きます。

仕入れ値は500円ですから粗利益は730円1230円 - 500円)という事になります。

と、このように、本をFBAで発送する場合には

販売(予定価格) - 販売手数料 - カテゴリー成約 - 出荷作業手数料 - 仕入れ値 = 粗利益

という式で利益の計算が出来ます。

カテゴリー成約料と出荷作業手数料は○○円と決まっているので、順番は変えても良いですが、販売手数料に関しては、比率(%)で決まるので、一番最初に計算して引いておきましょう。

せどりの利益の計算、実は・・・

さて、ここまでは一応細かく計算しましたが、僕が実際に仕入れをしている時は、実はもう少しザックリと計算していますw

例えば、販売手数料は消費税を無視して、下記のように計算しています。

販売(予定)価格×0.85(手数料15%の場合)

つまり、先ほどの例でいえば2000円×0.85(15%)1700円と計算しているという事です。

手数料にかかる消費税って微々たるものですし、その微々たる金額を気にして細かい計算をするよりも、仕入れの効率を上げる方が有意義だと思うので。

で、そこから、

  • カテゴリー成約料の86円
  • 出荷作業手数料の360円
  • 仕入れ値の500円

 

を引いて粗利益はだいたい754円1700円 - 86円 - 360円 - 500円という感じの計算をします。

誤差は販売手数料の消費税24円だけなので、まぁザックリ計算するんだったらこれでOKです。

ちなみに、販売手数料を計算して小数点が出たら四捨五入します。

例えば、1390円の本が売れた場合、1390×0.85=1181.5となります。

この場合は1182円になるという事です。

せどりの利益を計算する超簡単な方法まとめ

この記事では、せどりで稼ぐために避けて通れない利益の計算方法をお伝えして来ました。

最初は販売手数料にかかる消費税まで入れた細かい計算方法をお伝えして来ましたが、実際には仕入れの際には、消費税は無視して計算をしています。

つまり、販売価格 × 0.85(販売手数料・15%の場合)- カテゴリー成約料(本の場合86円)出荷作業手数料(360円・標準サイズ)仕入れ値と、いう感じで計算するという事です。

この計算方法ならば、iPhoneの電卓などでもやりやすいです。

この場合、販売手数料にかかる消費税を完全に無視していますが、消費税は販売手数料にかかるため多くても数十円です。

その数十円を気にしてイチイチ細かい計算をする時間があれば、利益が出る商品を探すための時間に使う方が有意義です。

と、いう事で、仕入れの際には↑のザックリした計算式で利益の計算をする事をおススメします。

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中
RELATED POST