せどり

せどりで仕入れて来た商品はどこで売る?

「これからせどりを始めようと思うんだけど、仕入れて来た商品はどこで売れば良いの?」あなたは今、こんなことに悩んでいませんか?

今の時代、ヤフオクやモバオク、メルカリやラクマなど個人がお手軽に商品を売買出来るプラットフォームが沢山あるので迷いますよね。

そこで、この記事ではせどりで仕入れて来た商品はどこで売るのか?というテーマでお伝えしていきます。

では本題に入りましょう。

 

せどりのメルマガやってます

ともぞうのせどりメルマガでは、せどりで稼ぐための知識や考え方をブログよりも詳しく深く掘り下げてお伝えして行きます。

具体的にはこのような内容です。

  • 実際に仕入れて販売した雑誌の紹介
  • その雑誌をなぜ仕入れたのか
  • なぜこの価格に設定したのか

興味があればメルマガに登録しておいて下さい。

ともぞうのせどりメルマガに今すぐ登録する

  • 登録はもちろん無料です。
  • 必要がなくなれば、いつでも簡単に配信解除をして頂けます。

せどりで仕入れた商品はどこで売る?答えはAmazonマーケットプレイス一択!

結論から言うと、せどりで仕入れて来た商品を売るにはAmazonマーケットプレイスをおすすめします。

AmazonにはAmazonマーケットプレイスという、個人が本やCD、DVDなどを出品するためのサービスがあります。

仕入れて来た商品を売るならAmazonマーケットプレイスをオススメします。

ではなぜ、Amazonをオススメするのか。

その理由を今からお伝えして行きます。

なぜ、Amazonマーケットプレイスで売るべきなのか

僕がAmazonマーケットプレイスで売る事をオススメする理由は主に下記の3つです。

  1. Amazonの集客力を借りられる
  2. Amazonの知名度を借りられる
  3. AmazonにはFBAというサービスがある

 

では、一つずつ細かくお伝えして行きます。

Amazonの集客力を借りられるから売れやすい

ご存知かも知れませんがAmazonの集客力は半端ではありません。

Amazonへの1日のアクセス数は約4億1980万アクセスとも言われています。

もちろん、同一人物がアクセスしている事も多でしょうけど、4億超えはとんでもない数ですよね。

ちなみに、楽天市場の月間アクセス数が2億8600万だそうです。

これだけを聞いても、Amazonのアクセス数の多さが分かりますね。

そして、仕入れて来た商品をAmazonに出品出来るという事はAmazonの集客力を借りられるということでもあるのです。

4億以上のアクセスがあるAmazonの集客力を借りられるって、どんだけラッキーなんだよ!って話です。

集客力が抜群という事は、商品が売れる可能性も高いという事になりますからね。

 

Amazonの知名度を借りられるから売れやすい

また、Amazonに出品するという事はAmazonのブランド力を借りられるという事でもあります。

Amazonは知らない人がいないというほど知名度が高いです。

知名度が高いという事は選ばれやすいという事にも繋がるのです。

なぜなら、人間には「接触回数が増えるにつれて親近感や好意が上がっていく」という心理的な性質があるからです。(これを心理学用語で「ザイオンス効果」と言います。)

ネットで買い物をするとなると、真っ先に思い浮かぶのがAmazonだという方も多いですし、テレビCMも頻繁に流れています。

つまり、Amazonは僕たちの日常生活の中に溶け込んでいるのです。

日常の生活に溶け込んでいるという事は、接触回数が多いという事でもあります。

で、先ほどもお伝えした通り、接触回数が多ければ親近感や好意が上がっていくのでネット通販はAmazonと決めている人もいます。

それだけ、Amazonはお客さんに選ばれやすいのです。

 

AmazonにはFBAというサービスがある

AmazonにはFBAという出品者サービスがあります。(FBA=Fullfilment By Amazonの略)

FBAは、あなたが出品している商品が売れた時に、Amazonが変わりに発送をしてくれるというサービスです。(もちろん、予めAmazonの倉庫に商品を送っておく必要がありますが)

また、発送だけではなく、クレームや商品に不備があった際の返金処理などまでAmazonが全てやってくれます。

つまり、Amazonの倉庫に商品を送っておけば勝手に売れて、勝手に入金されるし、万が一クレームがあってもAmazonが対応してくれるという事です。

 

このサービスは、非常に便利です。

例えば、1日に10個の商品が売れたとしましょう。

自己発送の場合、下記の作業を10回繰り返す必要があります。

  • 納品書を印刷
  • 商品を梱包
  • 宛先を書いた紙を貼り付ける

1個の商品につき10分かかったとしたら、これだけで100分(1時間40分)もかかってしまう事になります。

発送業務だけで1時間40分もかかったら他に何もする事が出来なくなってしまいますよね?

しかし、FBAならば全てAmazonがやってくれます。

という事は、その分時間が余るという事です。

その余った時間で、仕入れや出品作業をする事でせどりの収益も増えて行きます。

もちろん、FBA分の手数料を取られますが、それを補って余りある恩恵を受ける事が出来ます。

ちなみに、僕は現在、在庫のほぼ全てをFBAで出品しています。

かなり快適ですよ^^

せどりで仕入れて来た商品はどこで売る?まとめ

さて、この記事のまとめてみます。

僕は、せどり(転売)で仕入れて来た商品はAmazonで販売する事をオススメします。

それは、下記の3つの理由からです。

 

  1. Amazonの集客力を借りられる(商品が売れやすい)
  2. Amazonの知名度を借りられる(商品が売れやすい)
  3. AmazonにはFBAというサービスがある(発送の時間を短縮出来る)

これは、Amazonだからこそのメリットです。

と、いうことで、せどりをこれから初める方はまずは、Amazonで売る事から始めましょう。

Amazonへ商品を出品する方法は「Amazonに商品を出品する具体的な方法~自己発送出品とFBA出品~」に書いてありますので、そちらを参考にしてみて下さい。

せどりのメルマガやってます

ともぞうのせどりメルマガでは、せどりで稼ぐための知識や考え方をブログよりも詳しく深く掘り下げてお伝えして行きます。

具体的にはこのような内容です。

  • 実際に仕入れて販売した雑誌の紹介
  • その雑誌をなぜ仕入れたのか
  • なぜこの価格に設定したのか

興味があればメルマガに登録しておいて下さい。

ともぞうのせどりメルマガに今すぐ登録する

  • 登録はもちろん無料です。
  • 必要がなくなれば、いつでも簡単に配信解除をして頂けます。
RELATED POST