本せどり

せどりで売れる本のランキングは?

モノレートが出て来る以前の本せどりでは「せどりで売れる本のランキングは30~最低でも50万番代までが目安です。」というのが、常識でした。

僕自身モノレートが登場する前からせどりをやっていたので、昔はこの基準を元に仕入れをしていたものです。

しかし、モノレートが登場してからは、主に下記の2つが判明しました。

  • ランキング30万番代でも売れない本がある事
  • ランキング100万番代でも売れる本がある事

 

今では、割と当たり前な話になってはいますが、この事実が判明した時には、せどり界に大きな衝撃が走りました。

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中

本の仕入れでAmazonランキングはあてにならない

今の本せどり業界では、「Amazonランキングはあてにならない」が常識です。

良く言って「Amazonランキングは目安程度に考えましょうね」です(笑)

なぜ、Amazonランキングがあてにならないのかというと、ザックリいうとこんな感じです。

  • たまたま、その時だけランキングが上がっていた
  • 今までは売れていたけど、何等かの理由で売れなくなって来た

 

もちろん、他にも色々なパターンがあるかも知れませんが、大きく分けるとこの2パターンになります。

たまたま、その時だけランキングが上がっていた

例えば、今まで100万番代の本があったとします。

その本が1年ぶりに1冊だけ売れたとしましょう。

すると、その本のランキングが急上昇する事があるのです。(例えば30万番代まで上がる事もあります)

つまり、ランキングだけを見て仕入れをしていると「つい最近まで100万番代だった30万番代の本」を仕入れてしまう事になるという事です。

当然ですが、そのような本は、中々売れずに不良在庫になる可能性が高いです。

今までは売れていたけど、何等かの理由で売れなくなって来た

今までは順調に売れていたけど、なんらかの理由で売れなくなり、徐々にランキングが下がっている。

でも、今まで順調に売れていた本だから30万番代までしか下がっていないなんて事があります。

つまり、ランキングが下がっている途中であるという事です。

例えば、健康・医療系の本などは、情報がドンドン新しくなるので、数年に一度新しい情報が掲載された「新版」が出ます。

新版が出ると旧版は売れなくなります。

例えば、初版が10万番代をキープしていて、第2版が発売されたとします。

初版は売れなくなりますから、ランキングが落ちて行きます。

しかし、いきなり100万番台に落ちる事はなく、10万番台→30万番台→50万番台と徐々に落ちて行くのが普通です。

ここでランキングが30万番台まで落ち始めた初版を仕入れたとしても、その本は売れないので利益が出る事はありません。

このように、ランキングだけを見て仕入れをすると、ランキングがこれから落ちて行く本も仕入れてしまう可能性が高いという事なのです。

 

以上、2つの理由から、Amazonランキングはあてにならないという事になります。

せどりの仕入れはランキングではなくモノレートのグラフを見よう

先ほどまでお伝えして来た通り、Amazonのランキングは仕入れの時にあてになりません。

なので、仕入れの時には、必ずモノレートのグラフを見るようにしましょう。

もし、モノレートの使い方や見方が分からないという方がいたら、下記の記事を読んでみて下さいね。

モノレートの見方と基礎的な操作方法を徹底解説〜せどりで稼ぐためのモノレートの基礎知識〜

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中
RELATED POST