せどり

【2019年最新版】初心者でもわかるAmazonせどりのやり方

あなたは今、せどりをこれから始めたいとは思っているけど…

  • どうやって仕入れをすれば良いの?
  • どうやって出品したら良いの?
  • どうやって売れた商品を発送したら良いの?

など、分からない事が多くて不安になっていませんか?

何事もそうですが、何をすれば良いのかわからない状態が一番不安ですよね。

そこで、この記事では、せどりの仕入れ方法、せどりの出品方法、せどりの発送方法などせどりで稼ぐための具体的な方法をお伝えして行きます。

この記事を読むことで、あなたがせどりを始めるために具体的に何をすれば良いのか分かるようになります。

という事で本題に入りましょう。

自由な時間自由なお金同時に増やして
好きな事を楽しむためのせどりのメルマガやってます

ともぞうのせどりメルマガでは現在、下記2つのプレゼントを配布中です。

  1. 3000円以上で売れた本のリスト50連発
  2. あなたの家にもあるかも?~意外と高くれ るあんな商品やこんな商品~

ともぞうのせどりメルマガに
今すぐ無料で登録する

また、せどりで効率良く稼ぎ、自由に使える時間自由に使えるお金同時に増やすための知識や考え方をブログよりも詳しく深く掘り下げてお伝えして行きます。

具体的にはこのような内容です。

  • 実際に仕入れて販売した雑誌の紹介
  • その雑誌をなぜ仕入れたのか
  • なぜこの価格に設定したのか

興味があればメルマガに登録しておいて下さい。

ともぞうのせどりメルマガに
今すぐ無料で登録する

  • 登録はもちろん無料です。
  • 必要がなくなれば、いつでも簡単に配信解除をして頂けます。

Amazonせどりの全体像

まず、知っておいて頂きたいのは、せどりの全体像です。

  1. 仕入れ
  2. 出品
  3. 発送

の3ステップをこなす必要があるという事です。

ということで、この3ステップのやり方を一つずつ詳しくお伝えして行きます。

 

Amazonせどりのやり方

Amazonせどりのやり方をより具体的にお伝えして行きます。

仕入れ

仕入れは、せどりの3ステップの中で最も重要です。

どんなにAmazonの集客力が凄くても、売る商品がなければ売れませんからね(当たり前ですが)

という事で、まずはせどりの仕入れについて詳しくお伝えして行きます。

せどりで仕入れをするために欠かせないのが、

  • せどりすと(アプリ)
  • モノレート(サイト)

の2つです。

  • せどりすとはiPhone専用アプリです。
  • Androidをお使いの場合は、せどろいどというアプリを使って下さい。
  • 「せどりすと」と「せどろいど」は開発者も同じなので、安心してお使い頂けます。
  • この記事では、「せどりすと」と記載してありますが、基本はせどろいども同じです。

せどりすと&モノレートを使いこなす事が、せどりの仕入れをマスターする事でもあります。

という事で、せどりすととモノレートについて詳しくお伝えして行きます。

 

せどりすとの役割と使い方

せどりすとは、目の前の商品がいくらで出品されているかをチェックするためのアプリで、

  1. スマホのカメラ機能を使って、バーコードを読み取って検索
  2. 本や雑誌に付いているISBNやJANコードを入力して検索
  3. キーワードで検索

といった事が出来ます。

せどりすとの詳しい操作方法に関しては「せどりすとの基本的な使い方~3種類のサーチ方法とリストの削除方法~」という記事に書いておきましたので参考にして下さい。

さて、このせどりすとを使って、まず何をするのかというと、目の前の商品が、Amazonでいくらで出品されているのかをチェックするのです。

そして、目の前の商品の値段(仕入れ値)とAmazonの現在の値段を比べて利益が出そうかどうかをチェックします。

 

例えば、ブックオフで500円で仕入れられる本が目の前にあったとします。

その本をせどりすとでサーチした所、Amazonでは1円で出品されていました。

その場合、どう頑張っても利益を出す事は出来ませんから、その時点で仕入れてはいけない本だという事がわかります。

せどりすとは、言ってみれば、目の前の商品を仕入れるかどうかのふるいにかけるためのアプリなのです。

 

せどりすとの種類

せどりすとには、

  1. せどりすと(無料)
  2. せどりすとプロ(2800円買い切り)
  3. せどりすとプレミアム(月額5400円。初月のみ10800円)

の3種類があります。

最初はせどりすと(無料)のものを使っていてもいいですが、ある程度資金に余裕があるのならば「せどりすとプロ」を買いましょう。

「せどりすと」と「せどりすとプロ」の大きな違いは、

  1. インストアコードを読み取れるか読み取れないか
  2. 広告が出るか出ないか

の2つです。

インストアコードとは、そのお店独自のバーコードです。

例えば、ブックオフに行くと、このような値段シールが貼ってあります。

せどりすと(無料版)はインストアコードが読み取れないのですが、せどりすとプロは読み取れます。

実際にサーチ(値段を調べる行為の事)をすると分かりますが、インストアコードは読み取れた方が便利なんですよね。

また、せどりすと(無料版)は、画面上に広告が出ます。

間違って広告をタップしてしまうと、別の画面に飛んでしまうのでイチイチ画面をせどりすとに戻さなくてはならなくなってしまいます。

なので、この広告は結構邪魔なんですよね(無料なので文句は言えないんですけど)

しかし、せどりすとプロなら広告は出ません。

なので、総合的にみてせどりすとプロを使う事をおすすめします。

せどりすとプレミアムは僕自身使った事がないので何とも言えませんが、僕はせどりすとプロで十分だと考えています。

実際に、せどりすとプロで毎月30万円前後の利益を出していますので、せどりすとプロで十分です。

 

モノレートの役割と使い方

続いて、モノレートの役割と使い方です。

モノレートとは、目の前の商品がAmazonで過去に、いくらで、どれだけ売れたかをチェック出来るサイトです。

先ほど、せどりすとでサーチ(検索)して、利益が出そうな商品(仕入れ値と出品価格に差がある商品)が見つかったとします。

しかし、その商品は、今の出品価格で売れるとは限りません。

もしかすると、一時的に値段が上がっているだけで、本当は1円じゃないと売れない商品かも知れないのです。

実際、そのような商品は数多くあります。

 

そこで、モノレートで過去のデータをチェックするわけです。

すると、先ほどお伝えしたように、過去にいくらで、どれくらい売れているのかをチェックする事が出来るので、「この値段で売れているなら、この値段で仕入れても利益が出そうだな」という判断が出来るようになります。

 

つまり、モノレートを使う事で、利益が出る商品だけを仕入れる事が出来るという事です。

まぁ、もちろん、それでも価格が急激に下がる商品を仕入れてしまう事もあるので、確実ではありませんが、モノレートを見るのと見ないのでは、仕入れの精度にかなり差が出ます。

モノレートの基礎的な知識は「せどり初心者さん必見!モノレートの見方を誰でも分かるように解説します」を参考にしてみて下さい。

 

せどりすと&モノレートを使った具体的な仕入れの手順

さて、ここまで、せどりの仕入れをするために、せどりすととモノレートをどのように使うかという事をお伝えして来ました。

しかし、実はせどりすととモノレートは切り離して考えるのではなく、連動して使うものなのです。

つまり、仕入れの手順は下記の通りです。

  1. せどりすとで価格(差額)をチェック
  2. モノレートで利益が出るかチェックする
  3. 利益が出そうなら仕入れる

では、せどりすととモノレートを使って、具体的にどのように仕入れをするのかをお伝えして行きます。

せどりの具体的な仕入れの手順は「仕入れの具体的なやり方」という記事に書いておきましたのでこちらを参考にしてみて下さい。(雑誌の仕入れを例にとっていますが、他のジャンルも基本的には同じです)

利益(手数料)の計算方法

せどりの仕入れは、

  • せどりすとで価格をチェックし
  • モノレートで利益が出そうかをチェックする

という事をお伝えして来ましたが、もう一つ大事な事があります。

それは、利益の計算方法です。

Amazonでは、商品を販売する毎に手数料が引かれます。

ですから、差額=利益という訳ではないんですよね。

つまり、手数料がいくら引かれるのかを把握しておかないと利益の計算が出来ないという事です。

利益の計算が出来ないという事は、いくら利益が出るか分からないという事ですから、仕入れが出来ません。

と、いう事で、利益の計算方法も覚えておいて下さい。

利益の計算方法は「Amazon販売手数料の計算方法」という記事にまとめてありますのでチェックしてみて下さい。

 

さて、仕入れに関しては、まだまだ細かいノウハウなどがありますが、ここでは仕入れのための最小限の知識をお伝えしました。

最小限とは言いましたがここでお伝えした知識だけでも十分仕入れは出来るので、まずはブックオフなどに行って実際に仕入れをしてみて下さい。

 




Amazonの出品方法

続いて、仕入れて来た商品をAmazonへ出品する方法について詳しくお伝えして行きます。

Amazonの出品形態

まず、お伝えするべき事はAmazonの出品形態は、

  1. 自己発送出品
  2. FBA出品

の2種類があるという事。

自己発送出品とは、商品が売れた時に、自分で商品を梱包して発送する出品形態の事です。
在庫は自分の家に保管する事になります。

一方、FBA出品とは、出品した商品をAmazonの倉庫に送り、商品が売れたらAmazonが発送業務をしてくれる出品形態の事です。

この場合、家に在庫を保管する必要もありません。

 

自己発送かFBA、どちらを選ぶかによって出品の手順が少し変わって来ます。(途中までは全く同じですが)

という事で、自己発送出品と、FBA出品の方法をそれぞれ詳しくお伝えして行きます。

自己発送出品

自己発送出品の出品方法は「Amazonに商品を出品する具体的な方法」をチェックして下さい。




FBA出品

FBA出品の方法は、途中まで自己発送出品と同じです。

なので「Amazonに商品を出品する具体的な方法」を参考にして下さい。

更に、FBAの場合はAmazonの倉庫に発送する手順も知る必要がありますので、併せて「AmazonFBAに送るための具体的な手順」を参考にして下さい。

 

自己発送とFBA、どっちを使ったら良いの?

良く「自己発送とFBAどっちを使った方が良いの?」なんていう質問を頂きます。

結論からいうと、「両方使い分けたら良い」です。

自己発送出品の場合は自分で発送業務をやるので時間を使います。
しかし、手数料を支払う必要がないので、利益額は増えます。

一方、FBAはAmazonに手数料を支払って発送業務をやって貰うので、その分、使える時間は増えます。

つまり、時間を使って利益を取るか、利益(お金)を使って時間を取るかという話です。

このように、どちらも一長一短あるので、上手く使い分ける事が利益を最大化させるためのコツですね。

Amazonせどりの発送方法

FBAの場合は、先ほどの出品の項目までで、後はAmazonが発送業務をやってくれます。

なので、発送方法は、自己発送の時の発送方法だけをお伝えして行きます。

自己発送の際の発送方法は「Amazonで売れた商品を発送する方法|今すぐ実践出来る(自己発送編)」に詳しく書いてあるので、参考にしてみて下さい。(発送後の話も書いてありますので、併せて参考にして頂ければ幸いです。)

 




せどりの売り上げは、Amazonからどうやって受け取るの?

Amazonで売れた商品の売り上げ金は、一度Amazonの管理画面に残高として反映されます。

そして、この反映された金額が2週間に一度(14日に一度)あなたの銀行口座に振り込まれます。

 




Amazonせどりのやり方・稼ぎ方まとめ

この記事では、初心者でもわかるように、せどりの基礎知識、せどりのやり方、せどりの稼ぎ方を一通りお伝えして来ました。

この知識だけで、毎月5万円程度なら稼ぐ事は十分可能です。

是非、このページと、このページに貼ってあるリンク先のページを読んで実践してみて下さい。

何か質問などありましたら、お問合せページよりお気軽にご連絡下さい。

 

最初は、慣れない作業の連続&上手く仕入れが出来なくて辛い思いをするかも知れませんが、一度慣れてしまえばどうって事ない作業ですし、仕入れも徐々に出来るようになって来るので、焦らずコツコツとスキルと知識を積み重ねて行って下さいね。

自由な時間自由なお金同時に増やして
好きな事を楽しむためのせどりのメルマガやってます

ともぞうのせどりメルマガでは現在、下記2つのプレゼントを配布中です。

  1. 3000円以上で売れた本のリスト50連発
  2. あなたの家にもあるかも?~意外と高くれ るあんな商品やこんな商品~

ともぞうのせどりメルマガに
今すぐ無料で登録する

また、せどりで効率良く稼ぎ、自由に使える時間自由に使えるお金同時に増やすための知識や考え方をブログよりも詳しく深く掘り下げてお伝えして行きます。

具体的にはこのような内容です。

  • 実際に仕入れて販売した雑誌の紹介
  • その雑誌をなぜ仕入れたのか
  • なぜこの価格に設定したのか

興味があればメルマガに登録しておいて下さい。

ともぞうのせどりメルマガに
今すぐ無料で登録する

  • 登録はもちろん無料です。
  • 必要がなくなれば、いつでも簡単に配信解除をして頂けます。




RELATED POST