せどり

初心者でもわかるAmazonせどりのやり方・稼ぎ方講座~せどりとは?仕入れのコツやプレミア商品の探し方まで~

あなたは今、こんな風に思っていませんか?

  • 「これからせどりを始めたいけど、全然知識もないし、何から始めたら良いのか分からない。」
  • 「せどりについて色々調べているけど、人によって言う事が違うからどうしたら良いのか分からない」

もし、こんな風に思っているのであれば、このページを読んで行って下さい。

読み終わる頃には、せどりで稼ぐには具体的にどんな事をしたら良いのかが分かるようになります。

 

もくじ

せどりで稼ぐ方法がわからなくなるのは、せどり初心者に必要な情報とせどり中級~上級者に必要な情報が違うから

インターネット上には、せどりに関する様々な情報が山ほど出て来ます。

しかし、その情報の中にも、せどり初心者に必要な情報と、せどり中~上級者がに必要な情報が混ざっています。

そして、是非知っておいていただきたいのは、せどり中~上級者に必要な情報と初心者に必要な情報は全く違うという事です。

せどり初心者に必要な情報は、幹になる基礎的な情報です。

幹になる基礎知識をシッカリと学ぶ前に、枝葉の知識を付けてもあまり意味がありません。

時には、枝葉の知識が邪魔になる事すらあります。(「人によって違う」というのは、まさに枝葉の部分だからです。)

 

ですから、せどり初心者の方がまずやるべき事は、幹になる基礎の知識を吸収する事です。

そして、この記事では、せどり初心者の方が、迷わずにせどりを始められ、毎月5万円を稼ぐための基礎知識(幹となる情報)をお伝えして行きます。

この記事を読んで、幹となる情報をシッカリとあなたのものにしてから、枝葉の部分を学んでみて下さい。

せどりのメルマガやってます

ともぞうのせどりメルマガでは、せどりで稼ぐための知識や考え方をブログよりも詳しく深く掘り下げてお伝えして行きます。

具体的にはこのような内容です。

  • 実際に仕入れて販売した雑誌の紹介
  • その雑誌をなぜ仕入れたのか
  • なぜこの価格に設定したのか

興味があればメルマガに登録しておいて下さい。

ともぞうのせどりメルマガに今すぐ登録する

  • 登録はもちろん無料です。
  • 必要がなくなれば、いつでも簡単に配信解除をして頂けます。

せどりとは?~せどりの概要と基礎知識~

まずは、「せどりとは?」という基礎のお話からして行きます。

せどりは元々、古本屋で安く(相場以下で)売られている古本を買い、他の古本屋に売って利益を得る行為の事を言いました。

本の背表紙を見て、利益の出る本を買う(利益が出る本を取る)事から「背取り」や「競取り」などと呼ばれていたそうです。(今ではひらがなで「せどり」と書くのが一般的です。)

現代では、インターネットが発達し、個人で物を販売する環境が整っているため、古本屋やリサイクルショップなどで仕入れた本をAmazonやヤフオク、メルカリで販売して利益を出す方法が主流になっています。

また、せどりと言えば、中古品を仕入れて利益を出すイメージが強いかもしれませんが、最近では、新品の商品を仕入れて販売する手法もあります。

 

せどりは稼ぎやすい

現代のせどりは、誰でも稼ぐ事が出来る環境が整っています。

なぜなら、目利き力が必須ではなくなったからです。

古本屋で仕入れ、古本屋に売って利益を出す時代のせどりは、目利き力が必須でした。

しかし、現代では、目の前の商品がいくらで出品されていていくらで売れそうかを判断するためのアプリやサイトが無料で使えるようになったため、目利き力がなくても稼げるようになったのです。

もちろん、目利き力があった方が有利に稼げるのは間違いありません。
しかし、目利きがなくてもツールやサイトで補助が効くようになったという事ですね。

この事から、せどりは、稼ぎやすいビジネスだという事が言えます。

もちろん、稼ぎやすい=簡単に稼げるという事ではありません、あらゆるビジネスの中で最も稼ぎやすいのが、現代のせどりなのです。




せどりで儲けが出る仕組み

せどりで儲けが出る仕組みは、安く仕入れて高く売るという非常にシンプルなものです。

これだけではザックリとし過ぎているので、もう少し詳しくお伝えして行きましょう。

例えば、100円で買った本を1000円で売ったら900円の差額が出ます。

その差額の900円利益になるわけです。

 

基本的には、せどりで稼ぐ仕組みはこれだけです。

出品する場所(主にAmazonに出品するのですが)に手数料を引かれるので、ここまで単純な計算にはなりませんが、仕組みは安く仕入れて高く売るという非常にシンプルなものなのです。

 

せどりを始めるのに必要な初期費用や資金は?

せどりは、仕入れが必要なビジネスです。

ですから、最初にある程度仕入れをするための資金が必要になります。

では、せどりを始めるのに必要な初期費用や資金はいくらくら必要なのでしょうか?

答えは「人による」です(笑)

なぜなら、下記の条件によって、必要な資金が変わってくるからです。

  • せどりでいくら稼ぎたいのか
  • パソコンやプリンターなどは持っているのか

 

せどりでいくら稼ぎたいのか

いくら稼ぎたいのかによって必要な資金が変わって来ます。

当然、使える資金が多ければ多いほど稼ぎやすくなるのは言うまでもありません。

では、目標金額に対して、どのような風にして必要な資金を割り出すのかを少しお伝えしてます。

 

 

 

 

 




せどりのメリットとデメリット

せどりで儲けが出る仕組みが分かった所で、次はせどりのメリットとデメリットをお伝えして行きます。

せどりのメリット

せどりのメリットは下記の3つです。

  1. 低資金から始められる(低リスク)
  2. 稼げるようになるまでが早い
  3. 好きな時間・隙間時間で稼ぐ事が出来る

 

せどりのデメリット

せどりのデメリットは

  1. 仕入れを止めるとすぐに利益が出なくなる(労働集約型のビジネスである)
  2. 差別化がしにくい
  3. Amazonへの依存度が高い
  4. ライバルが増えやすい

という事です。

どんなビジネスでもそうですが、メリットもあれば、デメリットもあります。

なので、デメリットとも上手く付き合って行く事が重要です。




せどりで稼ぐために必要な物

せどりで稼ぐために必要な物は、パソコンと、プリンター、クレジットカード、段ボール箱、その他、100円ショップで揃うような梱包資材たちです。

パソコン本体とプリンターはともかく、梱包資材などは数千円で揃える事が出来ます。

パソコン本体にしても、せどりに使う程度のスペックのものであれば3~5万円程度で買う事が出来ますし、プリンターも1万円かからずに買う事が出来ます。

「どんなパソコンやプリンターを買えばいいの?」とか「何でクレジットカードが必要なの?」という細かい話は「せどりで始めるのに必要な道具を紹介!パソコンじゃなくて、タブレットでも良いの?など良く聞かれる質問にも答えてみました」という記事に書いておきましたので、参考にしてみて下さい。




せどりで売れる物は?

現代のせどりは、本だけではなく、CD、DVD、ゲーム、おもちゃ、家電など、ありとあらゆるものを仕入れて利益を出す事が出来ます。

また、中古だけではなく、新品を仕入れて販売し、利益を出す事も出来ます。

要するに、差額があって、利益が出そうなら何でも仕入れ対象になるという事です。

なので、ご自身に合った商品を仕入れて販売するのが良いでしょう。

せどり初心者は中古の本・雑誌を仕入れるのがおすすめ

と言われても、一体何を仕入れたら良いのか分からないなんて思う方もいると思います。

おすすめは中古の本・雑誌です。

中古の本・雑誌は、仕入れ値も安く(108円~仕入れ可能)高利益が狙えるため、初心者に最適です。

中古本・雑誌せどりで稼ぐ方法は「中古雑誌せどりとは?稼ぐためのコツは?実際に売れるのってどんな雑誌?」に書いてありますので、今読んでいるこの記事を一通り読み終わったら、併せて読んでみて下さい。

 




せどりの仕入れ先

せどりの仕入れ先をお伝えする際に、まずお伝えしなければいけない事があります。

それは、せどりの仕入れの形態です。

せどりでは下記の2種類の仕入れ形態があります。

  1. 店舗仕入れ
  2. 電脳仕入れ

以上を踏まえた上で、店舗仕入れと電脳仕入れを詳しくお伝えして行きます。

店舗仕入れ

店舗仕入れとは、実際にお店に行って仕入れをする方法です。

店舗仕入れの具体的な仕入れ先としては

  • ブックオフ
  • オフハウス
  • ハードオフ
  • 万代書店
  • 本だらけ
  • 駿河屋

などがあります。

中古品を仕入れるのであれば、ブックオフはかかせない仕入れ先です。

特に、僕がおすすめしている中古の本や雑誌を仕入れる場合には、ブックオフで仕入れをすると良いでしょう。

更に、ブックオフにはゲームや、CD,DVD、最近では中古家電を取り扱っている店舗もあります。

要するに、あらゆる中古品を扱っているため、非常に仕入れがしやすいという事です。

なので、まずはブックオフで仕入れをする事をおすすめします。

新品せどりの店舗仕入れ先

また、新品の商品であれば、

  • 家電量販店
  • ショッピングモール
  • ホームセンター
  • 雑貨屋
  • ディスカウントショップ(ドン・キホーテ、Mr.MAX etc…)

などがあります。

新品せどりは、主にディスカウント品を仕入れて定価に近い価格で販売したり、プレミアが付いている商品を定価で仕入れて定価以上で販売したりします。

新品せどりは、仕入れ単価が大きくなる傾向にあるので、中古せどりで稼げるようになってからチャレンジする事をおすすめします。

 

電脳仕入れ

電脳せどりは、インターネットを使って仕入れをする方法です。

電脳せどりの主な仕入れ先としては、

  • ヤフオク
  • メルカリ
  • ネットオフ
  • ブックオフオンライン
  • 駿河屋(オンライン)
  • Amazon
  • 楽天

などがあります。

基本的な仕入れ方法は店舗仕入れも、電脳仕入れも変わりません。

しかし、電脳せどりの場合、商品の本体価格以外にも送料がかかるので、仕入れ基準を少し厳しく設定する必要があります。

また、電脳せどりは売れる商品の知識があった方が効率良く仕入れが出来るので、まずは店舗仕入れで経験を積んでから電脳せどりにチャレンジする事をおすすめします。




せどりの出品先はAmazonで決まり

せどりで仕入れた商品は、Amazonに出品する事をおすすめします。

もちろん、ヤフオクやメルカリに出品しても良いのですが、初心者には断然Amazonがおすすめなんですよね。

その理由としては

  1. Amazonの圧倒的知名度
  2. Amazonの圧倒的集客力
  3. FBAというサービスの便利さ

があげられるのですが、ここでお伝えしていると長くなるので、Amazonに出品する事をおすすめしている理由がもっと詳しく知りたい方は「せどりで仕入れて来た商品はどこで売る?」をお読み下さい。

Amazonセラーセントラル(販売用アカウント)を取得する方法

また、Amazonに商品を出品するためには、Amazonセラーセントラル(販売用アカウント)を取得する必要があります。

Amazonセラーセントラルのアカウントについては、「Amazonの出品用(セラーセントラル)アカウントを取得する方法」に書いてありますので、参考にしてみて下さい。




Amazonせどりのやり方・Amazonせどりの稼ぎ方

さて、ここまでは、せどりの概要をお伝えして来ました。

ここからは、せどりのやり方の全体像と稼ぎ方をお伝えして行きます。

せどりで稼ぐためには

  1. 仕入れ
  2. 出品
  3. 発送

の3ステップをこなす必要があります。

この3ステップを一つずつ詳しくお伝えして行きます。

仕入れ

仕入れは、せどりの3ステップの中で最も重要です。

どんなにAmazonの集客力が凄くても、売る商品がなければ売れませんからね(当たり前ですが)

という事で、まずはせどりの仕入れについて詳しくお伝えして行きます。

せどりで仕入れをするために欠かせないのが、

  • せどりすと(アプリ)
  • モノレート(サイト)

の2つです。

  • せどりすとはiPhone専用アプリです。
  • Androidをお使いの場合は、せどろいどというアプリを使って下さい。
  • 「せどりすと」と「せどろいど」は開発者も同じなので、安心してお使い頂けます。
  • この記事では、「せどりすと」と記載してありますが、基本はせどろいども同じです。

せどりすと&モノレートを使いこなす事が、せどりの仕入れをマスターする事でもあります。

という事で、せどりすととモノレートについて詳しくお伝えして行きます。

 

せどりすとの役割と使い方

せどりすとは、目の前の商品がいくらで出品されているかをチェックするためのアプリで、

  1. スマホのカメラ機能を使って、バーコードを読み取って検索
  2. 本や雑誌に付いているISBNやJANコードを入力して検索
  3. キーワードで検索

といった事が出来ます。

せどりすとの詳しい操作方法に関しては「せどりすとの基本的な使い方~3種類のサーチ方法とリストの削除方法~」という記事に書いておきましたので参考にして下さい。

さて、このせどりすとを使って、まず何をするのかというと、目の前の商品が、Amazonでいくらで出品されているのかをチェックするのです。

そして、目の前の商品の値段(仕入れ値)とAmazonの現在の値段を比べて利益が出そうかどうかをチェックします。

 

例えば、ブックオフで500円で仕入れられる本が目の前にあったとします。

その本をせどりすとでサーチした所、Amazonでは1円で出品されていました。

その場合、どう頑張っても利益を出す事は出来ませんから、その時点で仕入れてはいけない本だという事がわかります。

せどりすとは、言ってみれば、目の前の商品を仕入れるかどうかのふるいにかけるためのアプリなのです。

 

せどりすとの種類

せどりすとには、

  1. せどりすと(無料)
  2. せどりすとプロ(2800円買い切り)
  3. せどりすとプレミアム(月額5400円。初月のみ10800円)

の3種類があります。

最初はせどりすと(無料)のものを使っていてもいいですが、ある程度資金に余裕があるのならば「せどりすとプロ」を買いましょう。

「せどりすと」と「せどりすとプロ」の大きな違いは、

  1. インストアコードを読み取れるか読み取れないか
  2. 広告が出るか出ないか

の2つです。

インストアコードとは、そのお店独自のバーコードです。

例えば、ブックオフに行くと、このような値段シールが貼ってあります。

せどりすと(無料版)はインストアコードが読み取れないのですが、せどりすとプロは読み取れます。

実際にサーチ(値段を調べる行為の事)をすると分かりますが、インストアコードは読み取れた方が便利なんですよね。

また、せどりすと(無料版)は、画面上に広告が出ます。

間違って広告をタップしてしまうと、別の画面に飛んでしまうのでイチイチ画面をせどりすとに戻さなくてはならなくなってしまいます。

なので、この広告は結構邪魔なんですよね(無料なので文句は言えないんですけど)

しかし、せどりすとプロなら広告は出ません。

なので、総合的にみてせどりすとプロを使う事をおすすめします。

せどりすとプレミアムは僕自身使った事がないので何とも言えませんが、僕はせどりすとプロで十分だと考えています。

実際に、せどりすとプロで毎月30万円前後の利益を出していますので、せどりすとプロで十分です。

 

モノレートの役割と使い方

続いて、モノレートの役割と使い方です。

モノレートとは、目の前の商品がAmazonで過去に、いくらで、どれだけ売れたかをチェック出来るサイトです。

先ほど、せどりすとでサーチ(検索)して、利益が出そうな商品(仕入れ値と出品価格に差がある商品)が見つかったとします。

しかし、その商品は、今の出品価格で売れるとは限りません。

もしかすると、一時的に値段が上がっているだけで、本当は1円じゃないと売れない商品かも知れないのです。

実際、そのような商品は数多くあります。

 

そこで、モノレートで過去のデータをチェックするわけです。

すると、先ほどお伝えしたように、過去にいくらで、どれくらい売れているのかをチェックする事が出来るので、「この値段で売れているなら、この値段で仕入れても利益が出そうだな」という判断が出来るようになります。

 

つまり、モノレートを使う事で、利益が出る商品だけを仕入れる事が出来るという事です。

まぁ、もちろん、それでも価格が急激に下がる商品を仕入れてしまう事もあるので、確実ではありませんが、モノレートを見るのと見ないのでは、仕入れの精度にかなり差が出ます。

モノレートの基礎的な知識は「Amazonの価格推移をチェックするためのツール、モノレートの使い方」を参考にしてみて下さい。

 

せどりすと&モノレートを使った具体的な仕入れの手順

さて、ここまで、せどりの仕入れをするために、せどりすととモノレートをどのように使うかという事をお伝えして来ました。

しかし、実はせどりすととモノレートは切り離して考えるのではなく、連動して使うものなのです。

つまり、仕入れの手順は

  1. せどりすとで価格(差額)をチェック
  2. モノレートで利益が出るかチェックする
  3. 利益が出そうなら仕入れる

という事です。

では、せどりすととモノレートを使って、具体的にどのように仕入れをするのかをお伝えして行きます。

せどりの具体的な仕入れの手順は「仕入れの具体的なやり方」という記事に書いておきましたのでこちらを参考にしてみて下さい。(雑誌の仕入れを例にとっていますが、他のジャンルも基本的には同じです)

利益(手数料)の計算方法

せどりの仕入れは、

  • せどりすとで価格をチェックし
  • モノレートで利益が出そうかをチェックする

という事をお伝えして来ましたが、もう一つ大事な事があります。

それは、利益の計算方法です。

Amazonでは、商品を販売する毎に手数料が引かれます。

ですから、差額=利益という訳ではないんですよね。

つまり、手数料がいくら引かれるのかを把握しておかないと利益の計算が出来ないという事です。

利益の計算が出来ないという事は、いくら利益が出るか分からないという事ですから、仕入れが出来ません。

と、いう事で、利益の計算方法も覚えておいて下さい。

利益の計算方法は「Amazon販売手数料の計算方法」という記事にまとめてありますのでチェックしてみて下さい。

 

さて、ここまでで、せどりの仕入れの基礎知識をお伝えして来ました。

仕入れは奥が深いので、まだまだお伝えしたい事は山ほどあります。

しかし、冒頭でもお伝えした通り、せどり初心者さんに必要なのは幹になる基礎知識です。

なので、仕入れのお話はここで一旦区切ります。

枝葉(ノウハウ)については、メルマガでお伝えしているので、興味があれば、登録しておいて下さい。

ともぞうのメルマガに今すぐ登録する




Amazonの出品方法

続いて、出品について詳しくお伝えして行きます。

先ほどもお伝えしたように、仕入れて来た商品はAmazonに出品する事をおすすめしています。

という事で、ここではまず、Amazonの出品方法についてお伝えして行きます。

 

Amazonの出品形態

Amazonの出品形態は、

  1. 自己発送出品
  2. FBA出品

の2種類があります。

自己発送出品とは、商品が売れた時に、自分で商品を梱包して発送する出品形態の事です。
在庫は自分の家に保管する事になります。

 

一方、FBA出品とは、出品した商品をAmazonの倉庫に送り、商品が売れたらAmazonが発送業務をしてくれる出品形態の事です。

この場合、家に在庫を保管する必要もありません。

自己発送かFBA、どちらを選ぶかによって出品の手順が少し変わって来ます。(途中までは全く同じですが)

という事で、自己発送出品と、FBA出品の方法をそれぞれ詳しくお伝えして行きます。

自己発送出品

自己発送出品の出品方法は「Amazonに商品を出品する具体的な方法」をチェックして下さい。




FBA出品

FBA出品の方法は、途中まで自己発送出品と同じです。

なので「Amazonに商品を出品する具体的な方法」を参考にして下さい。

更に、FBAの場合はAmazonの倉庫に発送する手順も知る必要がありますので、併せて「AmazonFBAに送るための具体的な手順」を参考にして下さい。

 

自己発送とFBA、どっちを使ったら良いの?

良く「自己発送とFBAどっちを使った方が良いの?」なんていう質問を頂きます。

結論からいうと、「両方使い分けたら良い」です。

自己発送出品の場合は自分で発送業務をやるので時間を使います。
しかし、手数料を支払う必要がないので、利益額は増えます。

一方、FBAはAmazonに手数料を支払って発送業務をやって貰うので、その分、使える時間は増えます。

つまり、時間を使って利益を取るか、利益(お金)を使って時間を取るかという話です。

このように、どちらも一長一短あるので、上手く使い分ける事が利益を最大化させるためのコツですね。

発送

FBAの場合は、先ほどの出品の項目までで、後はAmazonが発送業務をやってくれます。

なので、発送方法は、自己発送の時の発送方法だけをお伝えして行きます。

自己発送の際の発送方法は「Amazonで売れた商品を発送する方法|今すぐ実践出来る(自己発送編)」に詳しく書いてあるので、参考にしてみて下さい。(発送後の話も書いてありますので、併せて参考にして頂ければ幸いです。)

 




せどりの売り上げは、Amazonからどうやって受け取るの?

Amazonで売れた商品の売り上げ金は、一度Amazonの管理画面に残高として反映されます。

そして、この反映された金額が2週間に一度(14日に一度)あなたの銀行口座に振り込まれます。

 




せどりを始める前にやっておくべき事と知っておくべき事

ここまでは、せどりで稼ぐための手順をお伝えして来ました。

ここまでの知識で、せどりの基礎も学べましたし、せどりを始めるために必要な物もお伝えしました。

更に、仕入れ、出品、発送も一通り出来るようになっています。

つまり、せどりを始めるための基礎知識は一通り学べたという事です。

 

しかし、ここからが本番です。

この記事の最初に「せどりは、比較的稼ぎやすいビジネスである」とお伝えしましたが、せどりはビジネスですから、簡単に稼げる訳ではありません。

適当にやっていれば稼げるわけでもありません。

実際に、「せどりは簡単に稼げる」と勘違いしてせどりを始めた人が「何だ、全然稼げないじゃないか」と言って挫折する所を見て来ましたし、何も学ぶ事なく適当にサーチ&仕入れをして「全然儲からない」と言って挫折する人もいます。

なので、せどりで稼ぐ前に挫折するのを防ぐためにも、まずは「簡単に稼げるわけではない」という事を頭にシッカリと入れておいて欲しいのです。

 

そして、最初はとにかく行動!行動第一!と考えて下さい。

闇雲に突っ走るのは危険ですが、この記事をここまで読んでくれた方は、せどりで仕入れをするための基礎知識が一通りついています。

ですから、安心して行動して下さい。

行動を続けるうちにポツポツと利益が出る商品が見つかるようになります。

ここまでくれば、もはやせどり初心者ではありません。

利益も徐々に上がって来るようになるでしょう。

そうなった時に改めて有効になるのが、枝葉の部分(中~上級者になるためのノウハウ)を学ぶ事です。

ノウハウを学び、更に行動を続ける事で稼げる金額が大幅に上がります。

通常、枝葉の部分(ノウハウ)は有料で販売されている事が多いのですが、この記事では、特別に枝葉の部分を少しだけお伝えして行きます。

せどりで稼ぐコツ

先ほどまでで、せどりで稼ぐ前に知っておいて欲しい事とやっておいて欲しい事をお伝えして来ました。

ここからはいよいよ、実際にせどりで稼ぐためのコツをお伝えして行きます。

とはいえ、ザックリせどりで稼ぐためのコツと言っても、ジャンルによって稼ぐためのコツは微妙に違って来ます。

なので、ジャンル別にお伝えして行きます。

僕が実践して、実際に結果が出ているのは、

  1. 中古本&中古雑誌せどり
  2. 中古家電せどり
  3. 中古ゲームせどり

の3ジャンルなのですが、まずは、この記事で何度もおすすめしている中古の本・雑誌せどりの仕入れのコツをお伝えして行きます。

この記事でお伝えしていると長くなってしまうので、中古の本・雑誌せどりで稼ぐためのコツは「中古雑誌せどりとは?稼ぐためのコツは?実際に売れるのってどんな雑誌?」という記事に書いておきました。

読んでみて下さい。

 

Amazonランキングをチェックすると、どのジャンルでも売れ筋が分かる

あと、これは全ジャンルに共通している事なのですが、Amazonランキングをチェックする事で売れ筋商品の傾向が掴めるようになります。

そして、売れ筋商品の傾向が掴めると利益が出る商品が分かりやすくなります。

という事で、Amazonランキングをチェックしましょう。

Amazonランキングのチェック方法は「Amazonの雑誌ランキングチェックのやり方を初心者でも分かるように丁寧に解説します。」という記事に書いてあるので、チェックしてみて下さい。

※Amazonの雑誌ランキングと書いてありますが、他のジャンルもやり方は同じなので、チェックしたいジャンルの商品のAmazonランキングを選択して下さい※

 

Amazonランキングを見ていると、プレミアが付いている商品が見つかる

Amazonランキングを見ていると、プレミア商品が見つかる事があります。

プレミア商品とは、定価を超えて販売されている商品の事です。

そのようなプレミア商品を見つけた時には、Amazonのほしい物リストに入れておく事をおすすめしています。

ほしい物リストに入れておくと、そのリストがお宝リストになるからです。

ただし、プレミア商品と一口に言っても2種類に分けられます。

  1. 本当に品薄で、プレミアが付いている商品
  2. 単にAmazon本体の在庫が切れていて一時的にプレミアが付いている商品

この2種類の内、ほしい物リストに入れておきたいのは前者です。

では、この見極めはどうしたらいいのでしょうか。

細かくお伝えしていると長くなってしまうので、また別の機会にお伝えして行きます。

 




せどりで稼ぐ方法まとめ

この記事では、初心者でもわかるように、せどりの基礎知識、せどりのやり方、せどりの稼ぎ方を一通りお伝えして来ました。

この知識だけで、毎月5万円程度なら稼ぐ事は十分可能です。

是非、このページと、このページに貼ってあるリンク先のページを読んで実践してみて下さい。

何か質問などありましたら、お問合せページよりお気軽にご連絡下さい。

 

最初は、慣れない作業の連続&上手く仕入れが出来なくて辛い思いをするかも知れませんが、一度慣れてしまえばどうって事ない作業ですし、仕入れも徐々に出来るようになって来るので、焦らずコツコツとスキルと知識を積み重ねて行って下さいね。

 

そして、最後になりますが、僕は、せどりのメルマガも発行しています。

不定期ではありますが、主に雑誌せどりで稼ぐためのノウハウをお伝えして行きます。

「このブログの内容が役に立った」と思った方にはお役に立てる内容のメルマガです。

もし興味があれば、登録してみて下さいね^^

 

ともぞうのメルマガに今すぐ登録する

 

※登録無料!必要がなくなれば、いつでも簡単に解除する事が出来ます※



RELATED POST