せどり

せどりで稼ぐためにメルカリを使うのは有効?

あなたは今、こんな疑問を持っていませんか?

  • メルカリってせどりで稼ぐために使った方が良いの?
  • メルカリって売れるのが早いって聞いたけど、実際どうなの?
  • メルカリで商品を仕入れられるって聞いたけどどうなの?

この記事では、そんな疑問にお答えして行きます。

メルカリ出品とメルカリ仕入れ

「せどりで稼ぐ」という文脈で「メルカリを使う」という言葉が出て来る時、大きく分けて下記の2つの意味があります。

  1. メルカリに出品する
  2. メルカリで仕入れをする

当然、出品先としてのメルカリと仕入れ先としてのメルカリは分けてお伝えしていかなくてはなりません。

1、出品先としてのメルカリ

出品先としてのメルカリについては、結論から言うと今の所「サブの出品先」として使うのが一番良いです。

その理由をこれからお伝えして行きますね。

せどりで稼ぐにはAmazonに出品するのが一番おすすめ

メルカリのお話をすると言っておいて恐縮ではありますが、まずは、Amazonの話から。

せどりで稼ごうと思った時、出品先はAmazonをおすすめしています。

その理由は「せどりの出品先はAmazon一択!その理由とは?」に書いてあるので読んでみて下さい。

この記事で書いている通り、せどりで稼ごうと思ったら、まずはAmazonに商品を出品するのが良いですね。

 

メルカリはサブの出品先として使おう

で、先ほどもお伝えした通り、メルカリはサブの出品先として使うのが良いですね。

例えば、Amazonで出品規制がかかっている商品を仕入れてしまった場合には、Amazonではなくメルカリに出品した方がお手軽に利益が出せます。

僕は以前、ブックオフの中古家電コーナーで某カメラメーカーのデジカメを仕入れました。

そのデジカメを出品しようとすると、Amazonから「出品規制」がかけられていたのです。

出品規制がかかっている商品をAmazonに出品するには、中古仕入れではまず取得出来ない証明書の提出を求められます。

つまり、Amazonへの出品は実質不可能って事です。

抜け道もあるにはありますが、かなり手間がかかりますし、下手をすると規約違反とみなされてアカウントを消されるリスクもあります。

そのリスクと利益のバランスを考えたら、どう考えても釣り合わないので

そんなAmazonへの出品不可商品を出品するなど、サブの出品先として使うのがメルカリの使い方かなと思っています。

その他にもサブの出品先としてのメルカリ活用術は「せどりのメルカリ活用術」に書いておきましたので読んでみて下さい。

2、仕入れ先としてのメルカリ

仕入れ先としてメルカリは積極的に活用していくべきだと僕は考えています。

なぜなら、とてもお得に仕入れをする事が出来るからです。

最近は、せどらーや転売業者さんもメルカリに参入して来てはいますが、分母数としてはお小遣い稼ぎでメルカリを使っているという方の方が圧倒的に多いです。

なので、値段もそこまで厳しく設定していないんですよね。

せどりで稼ぐためにメルカリを使う方法まとめ

この記事の内容をまとめるとこうなります。

  1. せどりで稼ぐにはAmazonへの出品が有効
  2. メルカリはサブの出品先として使うのが吉

メルカリを活用して、バリバリ稼いでいきましょう!

 

 

RELATED POST