本せどり

本せどりで稼ぐために必要な資金の計算方法

あなたは今「本せどりで5万円稼ぐために資金はいくら必要なんだろう?」なんて思っていませんか?

目標の金額を稼ぐためにいくら用意すれば良いのか分からないと、「何となく」で仕入れをする事になるので、思ったように稼げないなんて事になってしまいます。

この記事では、本せどりで稼ぐために必要な資金の計算方法を解説して行きます。

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中

本せどりで稼ぐために必要な資金は人によって違う

えぇ~っと…いきなり根も葉もない事を言いますが、本せどりで稼ぐために必要な資金は人によって違います。

例えば、5万円稼ぎたい人と、50万円稼ぎたい人では、必要な資金が変わって来ますよね?

当然、沢山稼ぎたければ資金も沢山必要になります。

「じゃあ、自分はいくらくらい資金が必要なんだろう?」と思う方もいるかと思うので、稼ぎたい金額に対して必要な資金のザックリとした計算方法(考え方)をお伝えして行きます。

本せどりで稼ぐために資金はどれくらい必要なのか?を計算する方法

ここからは、本せどりで稼ぐための資金はどれくらい必要なのかというお話をして行きます。

本せどりで稼ぐための資金の計算方法は下記の2ステップです。

  1. 本せどりで稼ぎたい金額を決める(せどりでいくら利益を出せば良いのかを明確にする)
  2. 本せどりで稼ぎたい金額を1日単位に落とし込んで計算する
  3. 必要な在庫数をザックリと計算する

順を追って解説して行きますね。

本せどりで稼ぎたい金額を決める(せどりでいくら利益を出せば良いのかを明確にする)

まずは、本せどりでいくら稼ぎたいのかを明確にしましょう。

そうしないと、どれくらいの在庫が必要で、どれくらいの資金が必要かが分からなくなってしまうからです。

本せどりで稼ぎたい金額を決めるには「なぜ、せどりを始めたのか?」を考えると良いですね。

例えば、「車のローン代を毎月せどりの利益で賄いたい」と思ってせどりを始めたのであれば、車のローン代を毎月せどりで稼げば良いという事になります。

このように、せどりで稼ぐ目的を思い出すと、せどりで稼ぎたい金額が明確になるはずです。

ここでいう「稼ぎ」とは利益の事です。

売り上げの事ではないので注意して下さい。

また、税金の関係もあるので、5万円ほしいから5万円稼ごうという単純な話ではない場合もあります。

ですが、税金の話に触れると色々問題あるので、税金に関しては、お近くの税理士さんにお聞きください。

本せどりで稼ぎたい金額(利益)を1日単位に落とし込んで計算する

せどりで稼ぎたい金額が決まったら、その金額を1日にいくら稼げば良いのかに落とし込んで行きます。

そうする事で、必要な金額がわかりやすくなるからです。

例えば、月に5万円の利益を出したいのであれば、1日に約1700円の利益が出せれば良い事になります。

必要な在庫数をザックリと計算する

1冊につき500円の利益が出ると仮定すると、1日に約3.4冊の商品が売れれば目標がクリア出来ます。

3.4冊だと分かりにくいので4冊という事にしましょう。

1日に売れる商品の割合は在庫の約1%と仮定すると在庫が400冊必要になります。

1冊につき500円で仕入れが出来るとして、400冊×500円=200,000円

つまり、本せどりで月に5万円稼ぎたい場合は20万円の資金が必要という事になります。

もちろん、5万円稼ぐために20万円の資金が必要というのは、かなり厳し目に見積もった数字です。

実際にはもっと少ない資金でも行けますが、一応これくらいあれば稼げるよねっていう目安としてお考え下さい。

こんな風にして考えると、必要な資金が分かりやすいですからね。

 

本せどりで稼ぐために必要な資金の計算方法と、資金を用意する方法まとめ

ここまで本せどりで稼ぐために必要な資金の計算方法と、その資金を用意する方法をお伝えして来ました。

もちろん、今回お伝えした事は、机上の空論でしかありません。

人それぞれせどりで稼ぎたい金額も様々ですし、売れるのは在庫の1%という数字もあくまで通説です。

なので、あくまで一つの考え方として、ご自身に合った資金(金額)とその調達方法の参考になれば幸いです。

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中
RELATED POST