せどり

せどりすとの使い方~3種類のサーチ方法とリストの削除方法~

この記事では、「せどりすと」の基本的な使い方についてお伝えして行きます。

なお、せどりすとはiPhone専用アプリですが、Androidをお使いの方は「せどろいど」をお使い下さい。

せどろいども、せどりすとも同じ方が作成しており、操作もほぼ同じなので、安心して読み進めていって下さい。

せどりすとをダウンロードする方法

まずは、せどりすとをダウンロードしましょう。

せどりすとのダウンロード手順は下記の通りです。

せどりすとダウンロードページにアクセス

 

せどりすと
せどりすと
開発元:Orela.org
無料
posted withアプリーチ

上記アイコンからアクセスできない場合は次の手順でダウンロードしてみて下さい。

App Storeからせどりすとを検索

次に、画面下に表示されている「検索」をタップ

画面上の検索窓をタップして「せどりすと」と打ち込み、その後、「検索」をタップします。

続いて、せどりすとの横に表示されている「入手」ボタンをタップして下さい。

この画像では、僕が既にせどりすとをダウンロード済みのため、違うマークが出ていますが、始めてダウンロードする方は「入手」というボタンが表示されています。

ダウンロードが完了すると、画面にせどりすとのアイコンが出て来ます。

以上で、せどりすとのダウンロードが完了しました。

早速アプリを開いてみましょう。

 

せどりすとのAmazon APIを設定する方法

せどりすとを使う前に、一つやっておいて頂きたいことがあります。

それが、Amazon APIの設定です。

Amazon APIを設定しておかないと、下の画像のように、新品の在庫の有無が確認出来ない状態になってしまいます。

新品在庫の有無によって仕入れるか仕入れないかを判断することも多いので、この状態だと非常に不便なんですよね。

という事で、具体的な仕入れ方法の前に、Amazon APIを設定しておいてください。

Amazon APIの詳しい設定の方法は「せどりすとを使うのに必要なAmazon API(アクセスキーとシークレットキー)を取得する方法と設定方法を画像付きで解説しました」という記事に書いてあるのでチェックしてみて下さい。

せどりすとの検索方法

せどりすとの検索方法は下記の3つです。

  1. カメラ機能を使ってバーコードを読み込んで検索
  2. ISBNコードを手打ち入力で検索
  3. キーワード(型番など)で検索

優先順位は1 ⇒ 2 ⇒ 3の順番です。

では、詳しい操作方法をお伝えして行きます。

カメラ機能を使ってバーコードを読み込んで検索

せどりすとで最も多く使うであろう機能がバーコードの読み込みです。

まず、せどりすとを開いたら左上にあるバーコードのマークをタップします。

最初の1回目だけ、「せどりすとがカメラへのアクセスを求めています」という表示が出るので、「OK」をタップして下さい。

すると、カメラ機能が立ち上がります。

立ち上がったら、お手元にある本や雑誌など、何でも良いので、バーコードを見つけて、カメラをかざしてみて下さい。

 

すると・・・読み取った商品の名前と最安値が表示されます。

この商品の詳細を見るには、↓にある「リストへ戻る」というボタンをタップします。

「リストへ戻る」をタップすると、このような画面になります。

ここから、様々なデータを見ながら、この商品を仕入れるか仕入れないかを判断をするわけですが、その判断方法については、後でお伝えして行きます。

ISBNコード(またはJANコード)を手打ち入力で検索

続いて、バーコードがない場合には、ISBNコードまたはJANコードを手打ちで入力して検索します。

少し古いバンドスコアなんかは、バーコードがなくISBNコードしか表記されていないものがあるため、ISBNコードを手打ちで検索する事があります。

(厳密にいうと、バーコードはあるけど、それを読み取っても商品情報が出てこない)

例えばこんなのですね。

バーコードはあるのですが、こちらを読み取ってもエラーが出ます。

なので、ISBNコードを手打ちで検索して行くわけですが…少し、見えにくいかも知れないので、少し拡大しますね。

↑この赤い四角で囲んである部分がISBNコードです。

では、早速打ち込んで行きましょう。

まず、せどりすとの画面の上部にあるISBNという検索窓をタップして下さい。

タップすると、数字が打ち込めるようになるので、ISBNコードを手入力して下さい。

この時「-(ハイフン)」の入力は必要ありません。

ISBNコードが打ち込めたら、「Serach」をタップします。

すると、先ほどのバンドスコアの「商品名」「最安値」「Amazonランキング」などの情報が表示されます。

手打ち検索の手順は以上です。

 




キーワード(型番など)で検索

続いて、キーワード検索の方法です。

キーワード検索は、例えば、箱が欠品している中古家電やゲームソフトなどを検索する時に使います。

例えば、こんなゲームソフトがあったとします。

このゲームソフトには、箱がないのでJANコードもありません。もちろん、ISBNコードもありません(ISBNは本や雑誌に付くものなので)。

こういう商品をキーワードで検索して行きます。

では、早速、せどりすとのキーワード検索をしてみましょう。

 

まず、せどりすと画面下にある「キーワード」という所をタップします。

次に、画面上部の「キーワード」と書いてある検索までをタップして、検索したい商品の名前を入力します。

今回は「スーパーメトロイド」というゲームソフトなので「スーパーメトロイド」と入力してみます。

入力が終わったら「検索」をタップします。

すると、検索結果が表示されます。

今回は、検索したい商品がたまたま一番上に表示されましたが毎回こうなるとは限りません。

なので、キーワード検索した後は、必ず目の前にある商品と、せどりすとに表示されている商品を良くチェックして下さい。

以上3つがせどりすとの主な検索方法です。

せどりすとで読み込みエラーが出た時の対処法

さて、せどりすとを使っていると、たまに(良く?)検索エラーが出る事があります。

検索エラーが出た時の対処法もお伝えして行きますね^^

検索エラーが出ると、このような表示が出ます。

この表示が出たら、下の「リストへ戻る」をタップします。

すると、リスト画面に移行します。

移行したら、右上にある「□と↑」が合体したようなマークをタップします。

すると、メニューが出てくるので、「失敗アイテム再読込」をタップします。

再読込が上手く行くと、正常に表示されます。

以上が読込エラーが起きた時の対処法です。

 

 

せどりすとで読み込んだ商品リストを消す時の操作方法

せどりすとで、読み込んだ商品のリストが多くなり、何となく見えにくいと思った場合は、
読み取ったリストを消去しましょう。

読み取ったりすと全てを削除する場合

消去の方法は先ほどの読み込みエラーの時と手順はほぼ同じです。

まずは、このマークをタップします。

そして、出て来たメニューの一番上「リストクリア」をタップします。

「リストを削除します。よろしいですか?」という確認が出るので「削除」をタップします。

すると、先ほど読み取ったリストが全て消えます。

 

 

特定のリストだけ削除したい場合

例えば、読み取ったリストが3つあったとして、2つ目のリストだけ削除したいと思ったとします。

そのリストの部分を左にスワイプ(指でスってするやーつ)します。

すると、右側に削除ボタンが表示されるので、そこをタップします。

すると、このように、特定の削除したいリストだけを削除する事ができます。

せどりすとでサーチした商品はモノレートに飛んで仕入れるかどうかを判断する

せどりすとは、今目の前の商品がいくらで出品されているかを知るためのツールです。

しかし、出品されている価格=売れる価格とは限りません。

そこで、役に立つのがモノレートというサイトです。

モノレートとは簡単にいうと、目の前の商品が過去どれくらいの価格で売れているかを見るためのサイトです。

各グラフの読み方は、「モノレートの見方を徹底解説します」という記事に書いてあるので参考にしてみて下さい。

また、せどりすとのサーチ~モノレートのグラフを読んで仕入れるかどうかを判断する方法は「初心者でもわかるせどりの仕入れのやり方」を参考にしてみて下さい。

 

せどりすとの使い方まとめ

せどりで稼ぐための「せどりすと」の使い方は、この記事に書いてある程度の操作方法を覚えれば(とりあえず)OKです。

実は、僕もせどりすとの細かい設定などはしていません。

それでも、毎月、問題なく30万円程度は稼げています。

ですから、設定に拘るよりも、この記事に書いてあるサーチの方法を覚えたら、仕入れに行って、実践経験を積みましょう。

それが、せどりで稼ぐための近道です。

RELATED POST