せどり

【せどり】Amazon出品時の値段設定の考え方

せどりの値段設定って、かなり難しいですよね。

安く設定してしまうと損してしまいますし、逆に高く設定してしまうと売れないし…

でも、その商品の丁度いい値段ってあるんですよね。

その丁度いい値段を見つける事が値段設定の肝だったりします。

じゃあ、その丁度いい値段を見つけるのってどうしたら良いのかというと、ひたすら試行錯誤を繰り返すしかないんです。

なんか、つまらない答えで申し訳ないのですが、それが答えです。

ただ、試行錯誤のやり方すらわからないと、それも出来ないのでこの記事ではどんな風にしてその商品のちょうどいい値段を探って行くかという話をして行きます。

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中

せどりの値段設定、基本は最安値で

最初にお伝えしておくと、せどりの値段設定の基本は最安値出品です。

FBA、自己発送、どちらの出品方法を選ぶにしても最安値で出品する事を前提に考えます。

ですから、仕入れの時も「最安値で出品しても利益が出る商品」を仕入れる必要があるわけですね。

昔はFBAなら自己発送出品よりも高く売れるなんて言われていましたし、実際に売れていました。

しかし、最近は、やはり最安値がどちらにせよ売れやすい状況です。(2019年8月現在)

せどりの値段設定、まずはちょっと強気で

せどりの値段設定の基本は、まずはちょっと強気でという事です。

まぁ、もちろん「これは明らかに売れないだろう」という値段に設定したら売れないし、売れないと回転が悪くなるので「ちょっと強気」くらいがちょうどいいと思います。

一つ例を出しますね。

先日、こんな楽譜が売れて行きました。

仕入れ値は500円。販売価格は8800円なので、約6400円の利益ですね。

ただ、この楽譜少し前までは9800円で出品していました。

でも3ヵ月経っても売れないから8800円に値下げしたら約2週間で売れました。

せどりの値段設定は、3ヵ月を目安に値下げをする

モノレートのグラフを見てみると、わかりますが、僕がこの楽譜を出品したのが、2018年2月6日です。(出品者が僕しかいないのでわかりやすいですw)

そして、出品から約3ヵ月経っても売れなかったので、5月11日に8800円に値下げをしました。

そしたら、その約2週間後の5月26日に無事売れて行きました。

まぁ、もしかすると、値下げをしなくても売れていたかも知れませんが、3ヵ月間売れなかった商品が、価格を下げてから2週間程度で売れたという事は、この辺がこの楽譜の適正価格なのかなと思います。

という事で、せどりの値段設定の基本的な考え方としては、

  • まずは、ちょっと強気に値段設定
  • 売れなかった場合には3ヵ月を目安に値下げをする

という感じが良いのかなと思います。

値段を下げる時の目安

値段設定をちょっと強気に!売れなかったら3ヵ月を目安にというお話をして来ました。

では、値段を下げる時に何を目安にすれば良いのでしょうか。

まずは、モノレートで過去のデータを見るという事が重要になります。

例えば、「1800円で3ヵ月出品していたけど、売れる気配がない」という場合に、過去のデータを見て1500円前後の値段で売れているという事が分かったとします。

その場合、1500円まで値下げをしてしまいましょう。

それで、だいたい売れて行きます。

それでも売れなければ1ヵ月ごとに100円ずつとか、50円ずつでも良いので下げて行く事をおススメします。

で、下げ過ぎて「あ、このまま売れても赤字だな」と思ったら、思い切って最安値に設定してしまいましょう。

「え、赤字出しちゃって良いんですか?」って声が聞こえて来そうですが、全然OKです。

1つの商品から赤字を出しても別に良いんです。

トータルで黒字ならばOKなんです。

ただし、ちょっと注意して頂きたい事があります。

それは、極端に安い価格で出品している出品者がいる時は、その出品者の商品が売れてから最安値に設定するという事です。

いくら損切といえども、極端に安く売る必要はないですからね。

ちなみに、今回ご紹介した、こちらの楽譜の場合は、出品数が極端に少ないので、過去のデータもあまり参考になりません。

なので、こういう場合は「適当」に値段を下げてみて下さい(笑)

今回の場合、適当に9800円から8800円に値下げしたわけですが、この1000円値下げを決めたのは完全に適当です(笑)

だって、データがないから、適当しかないんですもん。

せどりの値段設定まとめ

さて、せどりの値段設定をまとめると、こんな感じになります。

  • まずはちょっと強気に値付けをしてみる
  • 3ヵ月経っても売れなかったら徐々に値下げをしてみる
  • 値下げをする時は過去のデータをチェックしながら
  • 過去のデータがあまり参考にならない場合は適当に値下げするw

値付けの話って、その商品や個人の資金の状況によって細かく変わってくるので中々体系化しにくい部分があります。

なので、この記事では、割と抽象的な話しか出来ませんでしたが、少しでも参考になれば幸いです!

本せどりで稼ぐための2大特典プレゼント中
RELATED POST