本せどり

本せどりで売れない時に見直すべき3つのポイント

「せどりで仕入れは上手く行っている(はず)なのに、なぜか出品した本が全然売れない。」なんて悩みが良く届きます。

出品した本が売れない状態が続くと「一体何がいけないんだろう?」って不安になりますよね?

せどりを始めたばかりの頃、僕も不安になっていました。

でも、大丈夫です。

なぜそう言い切れるのかというと、せどりで売れない原因ってほぼ3つに絞られるからです。

この3つを見直して改善すれば「本せどりで売れない」という悩みは無くなります。

という事でこの記事では「本せどりで売れない時に見直すべき3つのポイント」をお伝えして行きます。

3つのポイント

本せどりで売れない時に見直すべき3つのポイントは下記の通りです。

  1. 売れれば大きな利益が出るけど、Amazonランキングが低い(あまり売れない)商品ばかり仕入れていないか
  2. 価格設定は適切か
  3. 出品数はどれくらいか

ひとつずつ詳しくお伝えして行きます。

売れれば大きな利益が出るけど、Amazonランキングが低い(あまり売れない)商品ばかり仕入れていないか

売れれば大きな利益が出るけど、Amazonランキングが低い本(中々売れない本)ばかりを仕入れていないかをチェックしてみてください。

  • 利益が大きいor小さい
  • Amazonランキング高いor低い

など定義は人によると思いますが、例えば、売れれば5,000円の利益が出るけど、3ヶ月に1回しか売れていない本ばかりを仕入れていませんか?

 

Amazonランキングが低い(中々売れない)商品ばかりを仕入れていると、商品が全然売れない状況に陥ります。

売れれば大きな利益が出るから良いじゃないかと思うかも知れませんが、実はそうでもありません。

せどりで稼ぐためにまず重要なのは、回転の早さです。

いくら高利益が出る商品であっても、売れるのが1年後ならば、お金の循環が悪くなるので、資金がショートしてしまいます。

資金のショート=ビジネスの死ですから、資金のショートを防ぐためにも、Amazonランキングの高い(すぐに売れる)商品を仕入れましょう。

ですから、本せどりで売れないと悩んでいるのであれば、まずはAmazonランキングの高い(すぐに売れる)本を仕入れてみましょう。

利益が大きく、Amazonランキングの低い本を仕入れてはいけないという事ではありません。

  • Amazonランキングが高くて(良く売れて)薄利な本
  • Amazonランキングそこそこ、利益もそこそこな本
  • Amazonランキングが低いけど高利益が取れる本

のバランスを取りながら仕入れる事をおすすめします。

また、仕入れの時にはAmazonランキングだけではなく、実際にどれくらい売れているのかも必ずチェックしましょう。

「この本はどれくらい売れているの?」というデータはモノレートというサイトで確認する事が出来ます。

モノレートの具体的な見方は「モノレートの見方・使い方を徹底解説〜せどりで稼ぐためのモノレートの基礎知識〜」参考にしてみて下さい。

価格設定は適切に出来ているか

次に確認したいのは価格の設定が適切に出来ているかです。

いくら回転が良い商品を仕入れても、値段の設定が適切でなければ売れません。

「どれくらいが適切な価格なの?」と思うかもしれませんが、それは正直な所、ハッキリとお答えする事が非常に難しい所です。

なぜなら、商品によっても適切な価格は違いますし、その時の状況によっても、適切な価格は変わって来るからです。

もし、個別で適切な価格を知りたいという場合には、僕のせどりコンサルを受けてみて下さい。

価格だけを見ると、決して安くはないですが、価格以上の価値は提供出来ます。

今すぐともぞうのコンサル内容をチェックする

 

価格設定に関しては、せどりを続ける以上ずっと悩み続けます。

それは、その時の状況や環境によって答えが変わるからです。

重要なのは価格を決めるための判断基準を身に付ける事です。

判断基準を身に付けるためには、ずっと研究し続けましょう。

 

出品数はどれくらいか

当たり前ですが、基本的に出品数が多ければ売れる商品も多いです。

単純に分母が大きければ、売れる商品数が多くなりますからね。

 

ちなみに、これはおおよそなデータですが、Amazonマーケットプレイスを使うせどりの場合1日の売上個数が、全在庫数の1%だと言われています。

割と少なく見積もって1%という感じなので、最低でも1%は売れないと…くらいに思っておいて下さい。

なので、商品数(出品数)が少ない場合は、まず仕入れの量を増やしてみましょう。

在庫の1%程度が売れているのであれば、あなたが「売れない」と思っているのは気のせいです。

つまり、在庫の1%が売れているのであれば、それは売れていないのではなく仕入れの量が足りないという事です。

もし、在庫の1%程度が売れていないのだとしたら、1や2でお伝えした、商品の回転や価格設定を見直してみる事をオススメします。

本せどりで大事なのは回転率

本せどりで最も重要なのは回転率です。

先ほどお話した「仕入れている商品の質(ランキング低い物ばかり仕入れていない?)」「価格設定」「在庫数」を総合すると、回転率を上げるという事に繋がるからです。

先ほどもお伝えした通り、Amazonの本せどりでは在庫の1%が毎日売れて行くなんて言われてます。

なので、最低でも1%が売れるような回転率に設定しましょう。

普通にやっていれば、1%は余裕で超えるので、出来れば1.5~2%以上。

自己発送メインであれば3%以上は目指してみて下さい。

本せどりで売れない時に見直すべき3つのポイントまとめ

仕入れは上手く行っているけど、出品している商品が売れないのって、メチャクチャ不安になりますよね?

まだ、あなたがせどりを初めて間もないのであれば尚更です。

でも、今回お伝えした

  1. 売れれば大きな利益が出るけど、Amazonランキングが低い(あまり売れない)商品ばかり仕入れていないか
  2. 価格設定は適切か
  3. 出品数はどれくらいか

の3つをチェックして問題に合わせて解決策を実行すれば、本せどりで売れないなんて悩みはなくなります。

なので、「なんだか最近商品が売れないな~」と思った場合にはその都度、この記事をチェックしてみて下さい。

RELATED POST
本せどり

本せどりは「売れる本」を知るよりも「売れる本の特徴」を知った方が目利き力が付き効率良く稼げるという話

2019年11月21日
ともぞう、雑誌せどりと本せどりのブログ
僕の所には「売れる本を教えて下さい!!どうしても本せどりで稼ぎたいんです。」という内容のメールが良く届きます。 このブログにも「本せど …