のんびりと生きて行くための考え方

情報発信ビジネスで稼げない人が大半な理由と稼げる人になる方法

情報発信で稼ぐのって難しいんだろうなぁ…なんて思ってませんか?

実は、情報発信でお金を稼ぐって実はそんなに難しいことではありません。

ただ、正しい方法を知ってやるべきことを淡々とやれば良いだけです。

でも、情報発信ビジネスって稼げない人が大半なのも事実です。

では、難しくないのに、なぜ稼げない人が大半なのか…気になりませんか?

そこで、このページでは「難しいことをするわけではないのに、稼げない人が大半なその理由」についてお伝えして行きます。

この理由を知ることで、あなたも稼げる人になれる可能性がグンと上がるでしょう。

稼げる人になりたい場合は、最後まで読んでみると、何かヒントがあるかも知れません。

情報発信ビジネスで稼ぐためにやるべきことは簡単。だけど、継続するのが大変

情報発信ビジネスで稼ぐための作業って別に難しくありません。

ただ、稼ぐための道のりが大変なだけなのです。

たとえば、100km先の公園まで歩いて行ったら100万円が手に入るという条件のゲームが
あったとします。

その場合、100km歩くという行動そのものは簡単ですよね。右足と左足を交互に前に出せば良いだけですから。

でも、100km歩くのは結構大変です。ある程度の気合と根性が必要です。

ビジネスで稼ぐのもそれと同じで、稼ぐための行動一つ一つは難しくありません。

ただ、稼げるようになるまでが「大変」なだけです。

つまり、稼げるか稼げないかの分かれ道は、その大変さを乗り越えられるかどうかということ。

多くの場合、この大変さを乗り越えることができません。

だから、情報発信ビジネスで稼げる人が少ないのです。

では、なぜ大変さを乗り越えられないのか…

稼げない原因は「簡単に稼げる」「楽して稼げる」という思い込みで情報発信ビジネスを始めるから

その原因は最初から「簡単に稼げる」「楽して稼げる」と思い込んで情報発信ビジネスを始めてしまうからです。

「ネット使えば何か知らんけど簡単に稼げるんでしょ?ちょっとやってみよ~ww」くらいの感覚で参入して来る人が多いんですよ。

そういうナメた態度で取り組んでいるから、Twitterやブログを始めて1ヶ月も経たない内に「なんだよ!全然稼げねぇーじゃん!!」って言って辞めてしまうのです。

上記は極端な例ですが、でも実際にこういう人もいます。

もっとヒドイ場合「この教材は詐欺だ!」とか言い出す人もいます。

どんだけ自分の認識の甘さを認めたくないんだと(笑)

覚悟がある人は情報発信ビジネスで稼げるようになる

逆に言えば、「お金を稼ぐためには多少大変なこともあるけど着実に進めていけば大丈夫
稼げるようになる!」と思って取り組めば大体の人が稼げるようになります。

要するに、稼げるか稼げないかは「覚悟の差」なんですよね。

多くの場合、覚悟がないから稼げるようにならない。

逆に言えば、覚悟があって正しい方法をコツコツと続けていれば稼げるようになるってことです。

もちろん、正しいノウハウを実践しているという前提です。

正しいノウハウがないまま行動だけしても、明後日の方向へ走って行ってしまう可能性があるので、そこは要注意ですね。

正しいノウハウが何なのか分からないという方は、僕のメルマガ登録特典の『情報発信ビジネススタートアップマニュアル』を読んでみてください。

↓ ↓ ↓

無料でメルマガ登録をして正しいノウハウを手に入れる

情報発信ビジネスで稼げない人が大半な理由と稼げる人になる方法まとめ

今日お伝えしたことをまとめると、下記の通りになります。

  1. 情報発信で稼ぐために難しいことをする必要はない
  2. ただし、「稼ぐのは大変だ」という覚悟が重要。これがないと稼ぐ前に挫折してしまう
  3. その覚悟と正しい知識があってそれを忠実に淡々とこなすことができれば稼げるようになる

これを頭の片隅において情報発信で稼ぐための作業をしてみてください。

そうすれば、かなりの確率で近い将来、稼げるようになっているでしょう。

追伸

「覚悟を決めて淡々と作業をするぞ!稼げる人になるぞ!」と決めたあなたにちょっと注意して頂きたいことがあります。

それはモチベーションに頼ってはいけないということ。

「え?どういうこと?モチベーションアゲアゲじゃダメなの?」と思ったそこのあなたは、「情報発信ビジネスで稼げる人と稼げない人の違いとは?」という記事も合わせて読んでみてください。

淡々と作業を続けるためのノウハウをお伝えしています。

地味ですが、効果は抜群です。

情報発信ビジネスで稼げる人と稼げない人の違いとは?「同じノウハウを学んで実践しているのに稼げる人と稼げないのはどうしてだろう?」って疑問に思ったことはありませんか? 僕はこれまで1...