情報発信

情報発信ビジネス(オンラインビジネス)とは?やり方や収入の仕組みを徹底解説していきます。

どうも、ともぞう(@tomotin2222)です。

あなたには、「これを学んでおいて良かった!」と心から思えるスキルや知識ってありますか?

僕にはあります。

それは「情報発信ビジネスのスキルや知識全般」です。

情報発信ビジネスのおかげで、

  • お金の問題も解決できたし
  • 好きなことを発信しつつ稼げるようになったし
  • 時間の融通が利いて比較的自由に生きられるようになった

からです。

そこで、このページでは、情報発信ビジネス(オンラインビジネス)で稼ぐための知識を網羅的にお伝えして行こうと思います。

本編がかなり長くなってしまったので、前置きはこれくらいにして、本編に入っていきましょう。

情報発信ビジネスとは?

情報発信ビジネスとは、特定のジャンルの情報をブログ、SNS、YouTubeなどで発信し、人を集め、商品やサービスを販売しするビジネスのことです。

近年では、インターネットが発達したことにより、ありとあらゆるジャンルの情報発信で稼ぐことが可能になっています。

どんな情報を発信するの?

では、具体的にどんな情報を発信すればいいのでしょうか。

それは、下記のような情報です。

  • 好きなこと
  • 得意なこと
  • 詳しいこと

例えば、僕自身は過去に

  • せどり(転売ビジネス)
  • ベース(楽器)

の情報を発信していました。

 

また、僕の周りにはこんな情報を発信して稼いでいる人がいます。

  • 英語
  • 音楽(ギターや音楽理論)
  • 筋トレ
  • 食事
  • バスケ
  • ファッション
  • 文章講座
  • ハンドメイド(作り方系)

このように、好きなこと、得意なこと、詳しいことの情報を発信して稼げる時代なんですよね。

さらに、情報発信ビジネスのノウハウを応用して、

  • 飲食店の集客
  • バンドのプロモーション(ファン化の仕組み作りなど)

もできます。

場合によっては収益化ができない(難しい)ジャンルもあるので注意が必要ですが、あなたがもし、好きなこと、得意なこと、詳しいことで稼ぎたいのであれば、情報発信ビジネスを始めるのは、とても良い選択肢だと思います。

情報発信ビジネスの収入源は?

「好きなことや得意なことで稼ぐ」って言われても、具体的にどうやってお金に繋げるの?と思った方もいると思います。

答えからいうと、下記のどれかに大体当てはまります。

  1. コンテンツ販売
  2. アフィリエイト
  3. アドセンス広告
  4. セミナー(WEBセミナー含む)
  5. コンサル
  6. サロン(コミュニティ、ファン倶楽部)
  7. 投げ銭

一つずつ説明していると長くなるので、詳細は「情報発信ビジネスの主な収入源は?」というページにまとめておきました。

興味があれば読んでみてください。

情報発信ビジネスの主な収入源は?このページでは、情報発信での収入源についてお伝えして行きます。 情報発信を始めた理由として「お金を稼ぎたい」が上位に来る人が多いの...

 

「情報発信ビジネスで稼ぐ」の具体例

イマイチピンと来ない人もいるかも知れないので、情報発信ビジネスで稼ぐの具体例を少しお話します。

 

昔からバスケが好きで、社会人チームでバスケをしているKさんという方がいます。

彼は主にブログとYouTube、それからメルマガを使ってバスケの上達方法の情報を発信しています。

基本的な上達方法はブログやYouTubeなどで公開し、メルマガでは更に価値のある情報を提供する。

そして、自分で作った教材(有料)で公開するという感じです。

つまり、無料の情報で価値を提供し「この人の発信する情報をもっと知りたい」と思ってくれた人(価値を感じてくれた人)に教材を買ってもらうということですね。

 

先に無料で情報を提供することで、自分や自分の商品を知ってもらうことができますし、お客さんが欲しい情報と、発信者が提供できる情報のミスマッチが起きにくくなります。

 

このように、

  • 好きなこと
  • 得意なこと
  • 詳しいこと

の情報を発信して、人を集め、興味を持ってもらい、必要な人に必要なサービスや商品を提供(紹介)することでお金を頂くというのがザックリとした情報を発信ビジネスの全体像です。

他にも収入源をいくつも作ることができますが、今は「なんとなくそんな感じで稼ぐんだな」くらいの理解で大丈夫です。

情報発信ビジネスで稼ぐメリット

情報発信ビジネスで稼ぐメリットは下記の通りです。

  1. 雇われずに稼ぐ力が身に付く
  2. 仕組み化をすれば自由な時間とお金が増える
  3. 気の合う仲間が出来る
  4. 自己成長に繋がる

詳しく解説しているとまた長くなってくるので詳細は「情報発信をするメリット」というページにまとめてあります。

良かったら読んでみてください。

情報発信をするメリットどうも、ともぞう(@tomotin2222)です。 このページでは、「情報発信をするとこんなに良い事があるよ」という話をします(超...

 

情報発信ビジネスで稼ぐために必要な能力はマーケティング

では、情報発信ビジネスで稼ぐためにはどんな能力が必要なのでしょうか。

一言でいえば「マーケティングスキル」ですね。

マーケティングと言っても非常に抽象的なので、もう少し具体的にいうと、下記のようなことを考えるということです。

  • 誰を
  • どんな方法で
  • どんな理想的な未来に連れていくのか

つまり、「あなたの発信する情報は、誰をどんな理想的な未来に連れていくことができますか?」という問いに答えるということです。

まずはここから始めましょう。

更にいえば、

  • 自分の考え方を伝えるための文章
  • 自分の考え方に共感してもらうための文章
  • 商品を販売するための文章

の書き方を少しずつ学んで行くことも重要です。

情報発信ビジネスで稼ぐために必要な物

情報発信ビジネスで稼ぐために必要な物は、

  • インターネットに繋がり、快適に使えるパソコン
  • Wi-Fi環境

基本的にはこれだけです。

パソコンも、別に超高性能である必要もありません。

普通にネットサーフィンができればOKです。(最近はネットサーフィンってあんまり言わないか 笑)

情報発信ビジネスをしている人の中にはApple社のMacBook推しの人もいますが、Windowsでも大丈夫です。

っていうか、コスパを考えたらWindowsの方が良いかも知れませんね。

 

それから、長時間パソコンに向かうことになるので、場合によっては

  • 座り心地の良いイス
  • スタンディングデスク
  • デュアルモニター(複数の画面)

なども必要と考える人もいるかもしれません。

その辺はもう本当に個々人の考え方によるので、必要だと思ったら買ってみてください。

ちなみに、個人的には座り心地の良いイスは買ってよかったなと思っています。

 

 

情報発信ビジネスで用意する媒体

情報発信ビジネスでは、情報を発信するための媒体が必要になります。

最低限用意したい媒体は下記の通りです。

  • ブログ
  • SNS
  • メルマガ

 

ブログ

今の時代にブログですか?なんて思われるかも知れませんが、ブログは情報発信ビジネスをやるなら必須だと言えるでしょう。

特にシッカリとした収入の仕組みを作りたいのならなおさらブログが必要になります。

「ブログは無料ブログでもいいのでしょうか?」という質問が来ますが、無料ブログではなく、有料ブログを作りましょう。

ここでいう「有料ブログ」とは、

  • サーバーを借りて
  • ドメインを取得して
  • ワードプレスで運営する

ブログのことです。

無料ブログではなく、有料ブログをおすすめする理由は簡単にいえば

  1. 突然削除されるリスクがある
  2. 規約変更に振り回される
  3. 収入源が制限される

ということが上げられます。

ここで詳しく解説していると長くなってしまうので、「なんで無料ブログじゃダメなの?」と疑問に思っている場合は「情報発信ビジネスでアメブロを使ってはいけない3つの理由」というページを読んでみてください。

情報発信ビジネスでアメブロを使ってはいけない3つの理由どうも、ともぞう(tomotin2222)です。 「情報発信ビジネスで稼ぎたいと思っているのですが、まずは無料のアメブロから始...

※↑のページでは「アメブロ」と言っていますが、多くの無料ブログに当てはまります※

 

ワードプレスブログを作る方法

さて、無料ブログではなく、ワードプレスでブログを作りましょうという話をしました。

この話を聞いて

「でも、自分でサーバー借りて、ドメイン取って、ワードプレスを設置して…って言われてもなんか難しそうで嫌だなぁ…」

なんて思った人もいるのではないでしょうか。

確かに、数年前までは、そこそこ面倒くさい作業が必要でした。

しかし、今では便利なサービスがあります。

その便利なサービスを使うことでだいたい10分もあればワードプレスのブログを作れてしまうんですよね。

その10分で簡単にワードプレスブログを作る方法は「【たった10分でできる!】WordPress(ワードプレス)ブログを作る方法~エックスサーバーのクイックスタートを使って簡単にブログを作ろう~」というページに書いてあるので、これを参考に作ってみてください。

【たった10分でできる!】WordPress(ワードプレス)ブログを作る方法~エックスサーバーのクイックスタートを使って簡単にブログを作ろう~どうも、ともぞう(@tomotin2222)です 「ワードプレスでブログを作るのって難しい」そんな風に思っていませんか? 確...

 

SNS

SNSを使う目的は(それこそ人によって違いますが)主に、下記の2つになります。

  • 露出度を高める
  • 交流する

書いたブログの記事をSNSで拡散して露出度を高めたり、メインターゲット層と交流してターゲットのことを良く知ったり、同じジャンルの発信をしている発信者さんと仲良くなったり…

使い方は人それぞれですが、SNSも間違いなく使った方がいいでしょうね。

 

どんなSNSを使えばいい?

SNSと一口に言っても、

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • etc…

色々なSNSがあります。

この中でどのSNSを使うかは、あなたが発信する情報やメインターゲットになる年代などによって変わってきます。

また、「この情報ならこれじゃない?」みたいな答えもとくにありません。

例えば、20代の若者がメインターゲットならFacebookよりもInstagramの方が良いかなとか、いや、でもビジネス系だからやっぱりFacebookかなとか。

その辺はもう本当に色々な判断基準があるので、色々なSNSを使ってみて、一番ハマったモノに力を入れていけばいいのではないかなと思います。

ちなみに、Twitterは拡散性も高いですし、使っておいて損はないかなと個人的には思います。

 

メルマガ

メルマガも重要な媒体の一つです。

メルマガを配信するには、「メルマガ配信スタンド」というサービスに申し込む必要があります。

メルマガ配信スタンドも色々とありますが、僕が使っているのは「MyAsp(マイスピー)」という配信スタンドです。

My Aspと契約する方法は「メルマガ配信スタンド「MyASP(マイスピー)」の申し込み方法」というページに書いてあるので参考にしてみてください。

メルマガ配信スタンド「MyASP(マイスピー)」の申し込み方法どうも、ともぞう(@tomotin2222)です。 情報発信ビジネスで欠かせない媒体がブログとメルマガです。 ブログだけでも...

 

情報発信ビジネスで稼ぐ仕組みはDRMが基本

情報発信ビジネスってどうやって稼いでいるのか謎って人も多いと思います。

なぜ謎なのかというと、仕組みがわからないからです。

ということで、この項目では、情報発信ビジネスでお金が生まれる仕組みの話をしていきます。

情報発信ビジネスで稼ぐための基本的なビジネスモデルはダイレクト・レスポンス・マーケティング(Direct Response Marketing)というものです。

頭文字を取ってDRM(ディー・アール・エム)と呼んだりします。

簡単にいうと、こんな流れのビジネスです。

  1. ブログやSNS、YouTubeなどの媒体で情報を発信して露出を高める
  2. あなたが発信している情報に興味を持ってくれた人がメルマガに登録してくれる
  3. メルマガで更に「価値の提供」をしたり、価値観の共有、読者さんとのコミュニケーションを取る
  4. 商品を販売する(オファーする)

 

DRMの仕組みは大きく分けて下記の3つに分けられます。

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

一つずつ順番に解説していきます。

集客

集客とは、その名の通り人を集めるということです。

あなたがブログやnote、SNS、YouTubeなどで情報を発信して、露出を高め、興味がある人を集めていきます。

そして、集まった人に対して「実はメルマガもやっています。メルマガではブログよりも実践的なノウハウを配信しています」という感じでメルマガ登録を促します。

メルマガ登録をしてもらうキッカケとして、プレゼントを用意するのも一つの手です。

プレゼントは、あなたが発信する情報と関係のあるノウハウにします。

集客のポイントとしては、(集客の時点では)ターゲットを広めに設定するということです。

例えば、あなたが「アフィリエイトで稼ぐための教材」を売るとします。

このとき、集めるのは「アフィリエイトで稼ぎたい人」ではありません。

もちろん、アフィリエイトで稼ぎたい人も集めて良いのですが、もっと広く、、、

例えば、「在宅で稼ぎたい人」とか「副業で稼ぎたい人」などでOKです。

もちろん、徐々に絞っていくのですが、集客の時点では少し広めに集客するイメージを持っておいてください。

教育

メルマガに登録してもらったら「教育」の段階に入ります。

教育というと、何か一方的に何かを教え込むみたいなニュアンスがあって、個人的にはあまり好きではないのですが、便宜上この言葉を使います。

さて、教育とは具体的には何を目的としているのか。

それは、ザックリいえば「信頼と共感の獲得」です。

では、信頼と共感を獲得するためには何をすればいいのか。

ザックリと分けると下記の2つです。

  • 自己開示
  • ノウハウや知識の提供

 

自己開示

自己開示とは、凄く簡単にいうと、あなたが「自分はこんな人間です。こういう想いで情報発信をしています。」という話をすること。

そうすることによって、あなたの話を聞くための下準備ができます。

人は何者かが分からない人の話を聞こうとはしませんから、自己開示も重要な要素です。

 

ノウハウや知識の提供

ノウハウや知識の提供は、メルマガ読者さんにあなたが販売したい分野の情報や知識を提供するということです。

ノウハウや知識の提供をする理由は2つ。

  • 信頼の獲得
  • この商品(あなたが販売したい商品)が欲しい、必要だと思ってもらうための予備知識を付けてもらうため

 

まずは、知識やノウハウを提供してあなた(情報発信者)がその分野の知識とノウハウをシッカリと持っているということを知ってもらいます。

すると、信頼や信用を得られます。

少なくとも、あなたがシッカリとした知識やノウハウを持っているということは理解してもらえます。

 

また、予備知識を伝えることであなたが販売したい商品をメルマガ読者さんに「欲しい」「必要だ」と思ってもらうという目的もあります。

んー?ちょっと分かりにくいですね。

もう少し詳しく解説します。

 

情報発信ビジネスは、最終的に何かを販売するためにやるわけです。

ですから、その商品が必要なのだということを、メルマガ読者さんに理解してもらうために知識を提供する必要があるのです。

 

例えば、あなたが「アフィリエイトで稼ぐための教材」を販売したいと思っていたとします。

その場合、「アフィリエイトって何ですか?」という人は、当然その教材を買おうとは思わないでしょう。

アフィリエイトで稼ぐ系の教材を販売したければ、

  • アフィリエイトとは何か
  • アフィリエイトの基本的な仕組み
  • アフィリエイトで稼げるようになると、どんな素敵な未来が待っているのか

を伝えて、それを理解、共感してもらうことではじめて「アフィリエイトで稼ぐための教材が必要だ!欲しい!」と思ってもらえるのです。

ですから、そのための知識を伝えるのは予備知識の提供という目的もあります。

 

ちなみに、メルマガに登録してくれた人と交流することも非常に重要です。

っていうか、最初はメルマガ読者さんとの交流をすることに全力を出してください。

そして、読者さんと話をしていると「なるほど。こんな情報に需要がありそうだな」ということがわかります。

なので、メルマガの最後に

「今日のメルマガはいかがでしたか?よければ感想くださいね。感想をくれた人にはこんなレポートをプレゼントします」

などと書いて、交流を促してみましょう。

ビジネスって結局、お客さんを理解して、こちらも理解してもらうことで健全になって行きますから、交流するのって非常に重要です。

 

販売

販売に関しては、そのままの意味です。商品をセールスするということ。

正直なところ、ここまでお伝えしてきた「集客」と「教育」がシッカリ出来ていれば「この商品おすすめですよ」と軽く紹介するだけで売れて行きます。

つまり、そこまでゴリゴリに売り込まなくても大丈夫です。

とはいえ、「ほしいと思ってもらうような文章(=売れる文章)」を書けるようになる必要はあります。

このコピーライティングのスキルも身に付けておくといいですね。

ちなみに、今なら僕のメルマガに登録すると、「お金を生み出す!売れる文章の書き方~基本的な考え方編~」というレポートを特典としてご用意しています。

興味があれば、下記のメルマガフォームからメルマガに登録してみてください。




 

「メルマガ登録めんどくせー」とか「ともぞうのメルマガなんて読みたくねーよ」って人は(悲しいですが)「誰でも売れる文章が書ける型「新・PASONAの法則」とは?」という記事で売れる文章の書き方の型を解説しているので、こちらをチェックしてみてください。

誰でも売れる文章が書ける型「新・PASONAの法則」とは?どうも、ともぞう(@tomotin2222)です。 このページでは、売れる文章の型として「新・PASONAの法則」について...

情報発信ビジネスを始める前に考えておきたい3つのこと

さて、ここまでで情報発信ビジネスの概要を一通りお伝えできたかなと思います(何かあればその都度追加して行きます)。

ここからはいよいよ、「どうやったら稼げるようになるの?」という話をしていきます。

情報発信ビジネスで稼ぐために、まず重要なのが下記の3つを考えることです。

  1. 誰を
  2. どんな素敵な未来に
  3. どうやって

誰を

誰をとは、ターゲット設定ですね。集客の段階では、それなりに広めのターゲットを設定します。

どんな素敵な未来に

「どんな素敵な未来に」は言ってみれば、読者さんとの約束です。

ビジネス用語でいうところのベネフィットというやつですね。

どうやって

どうやっての部分は、あなたの商品やサービスの機能の部分ですね。

この商品を買えば、こんな素敵な未来が待っていますよ。

なぜなら、この商品にはこんな機能があるからです。

上の太字&下線の部分が「どうやって」の部分です。

 

誰を、どんな理想の未来に、どうやって。

この3つをまとめてコンセプトと呼びます。

コンセプトが決まっていないと方向性が決まりませんから、まずはコンセプトを考えることが重要になります。

逆にコンセプトが決まっていれば、ある程度作るべきコンテンツのアイデアが出て来るでしょう。

なぜなら、人間はある程度の縛りがある方がアイデアが出やすいからです。

例えば、「何となくいい感じの絵描いてよ」と言われるよりも「20歳前後の女性が喜びそうな可愛い感じの絵描いてよ」って言われた方が描きやすいでしょう。(僕には画力がないのでどちらにしてもダメですがw)

それと同じで、ある程度誰に何をどうやって伝えるのかを決めた方が作るコンテンツのアイデアが浮かびやすいのです。

もちろん、コンセプトはいきなりガチガチに決めなくても大丈夫です。

ふんわりしたコンセプトで始めて、集まって来てくれた人と対話をして、そこからコンセプトを固めていくという方法が多くの人にとっては自然かなと思います。

 

情報発信ビジネスまとめ

さて、このページでは、情報発信ビジネスの概要と、ちょっとしたノウハウ、それから収入の仕組みなどをお伝えして来ました。

もちろん、情報発信ビジネスと一口に言っても色々な手法があるので、このページに書いてあることが正解というわけではありません。

もう少しライトにTwitter×noteで稼ぐ方法もあります。

このページに書いてあるのは、「僕はこういう感じで情報発信をしていて、上手く行ってますよ」という感じのものです。

ですから「ここは違うんじゃない?」「ここはもっとこうした方が良いんじゃない?」ということがあれば、あなたなりのアレンジを加えて実践してみてください。

で上手くいったことがあれば、僕にコッソリ教えてください(笑)

情報発信ビジネスについては、まだまだお伝えしたいことが沢山あります。

ありますが、あまり長くなり過ぎても疲れてしまうと思うので、とりあえずこの辺にしておきます。

何か質問や「もう少しここを詳しく解説してほしい」などあれば気軽に、ご連絡ください。

 

僕への連絡は全て「こちらのページ」からお願いします。

ともぞうへ連絡するページ! アクセスしていただき、ありがとうございます。 ともぞうへの連絡は全て下記のフォームからよろしく願いいたします。 ネッ...

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

情報発信ビジネスのメルマガやってます!

情報発信で仕組みを作って自由な時間と自由なお金を増やすためのメルマガやってます。

このページを読んで「ためになった」「もっと ともぞうの情報が欲しい」と思って頂けたら登録してみてください。

※ともぞうからのお願い※

メルマガに登録する際にはYahoo!mailかGmailでの登録をお願いいたします。

それ以外のメールアドレスだと届かない可能性があるんですよね 汗

せっかく興味を持って頂きご縁をいただけたのに、メルマガが届かないなんて悲しいので、ぜひヤフーメールかGmailのアドレスで登録していただけると嬉しいです。

こちらの都合でご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

ダブルオプトインシステムを導入しています。

登録直後に仮登録メールが届きます仮登録メールに記載されているURLを
クリックすると本登録が完了します。

本登録をして頂いた直後に折り返しのメールが届きそのメールの中に特典を
受け取る方法が書いてありますので、受け取ってみてください。

 

RELATED POST
情報発信

多くの情報発信者の中からあなたを選んでもらう方法~「私が情報発信しても意味ないんじゃない?」なんて思っているあなたへ~

2020年9月28日
ともぞう、情報発信のブログ
どうも、ともぞうです。 情報発信を始めたいけど、「私なんかが発信しても意味がないんじゃないか。」と思っていませんか? 確かに、周 …