情報発信

情報発信をするメリット

どうも、ともぞう(@tomotin2222)です。

このページでは、「情報発信をするとこんなに良い事があるよ」という話をします(超ザックリ 笑)

結論からいうと、情報発信って人生を変えるレベルのインパクトがあります。

少なくとも僕にはありました。

情報発信って、僕ら弱者に与えられた最強の武器だと個人的には思っています。

 

世の中には「情報を発信する人」と「情報を受け取る人」がいて、明らかに「発信する人」の方が有利なんですよ。

だって、発信している人の方が影響力が付くから。

 

で、情報を発信する側って今までは一部の「えらい人」だけでした。

テレビやラジオ、雑誌、新聞などのメディアで発言出来る人だけが「発信する人」だったわけです。

しかし、今はインターネットを使うことで、誰でもお気軽に情報を発信する人になれる。

これって本当に凄いことだと思うんですよね。

じゃあ、具体的にどんな「凄い事」があるのか。

詳しくお伝えして行きます。

情報発信のメリット

情報発信をすることのメリットは下記の通りです。

  1. 雇われずに稼ぐ力が身に付く
  2. 気の合う仲間が出来る
  3. 自己成長に繋がる

 

雇われずに稼ぐ力が身に付く

情報発信をすることで雇われずに稼ぐ力が身に付きます。

っていうか、お金を稼ぐ目的で情報発信を始めた人も多いのではないでしょうか。

「自分の知識やスキル、経験を発信することでお金が稼げる」ってやっぱり魅力的ですよね。

ネット上の情報発信ビジネスであれば、収益を半自動化することも出来るので、自由な時間とお金を同時に増やすことだって可能です。

 

それに、今後は雇われずに稼ぐ力が非常に重要になります。

なぜなら、今はどんな身の上であっても安泰とは言えない時代だからです。

フリーランスはもちろん、企業のサラリーマンであっても公務員であっても、どんな働き方をしていたとしても、いつ何が起こるか分からない時代なのです。

 

例えば、TOYOTA自動車の豊田社長は、2019年5月13日の日本自動車工業会の会長会見でこんな発言をしています。

「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」

要するに、「終身雇用とかもうマジ無理っす…」ってことですね。

TOYOTAが終身雇用が無理って言ってるのですから、どこの企業も無理でしょう。

つまり、正社員でいれば安泰という時代では無くなって来ているということ。

そんな時代において、雇われずに稼ぐ力の重要性は今後ますます高まっていくでしょう。

 

情報発信でお金を稼ぐためには、自分でビジネスを一通り組み立てる必要がありますから、雇われずに稼ぐ力が身に付きます。

その結果、収入が増えて幸福度の高い人生を送ることが出来ると僕は思っています。

もちろん簡単ではないですが、チャレンジする価値はあると思いますよ。

気の合う仲間が出来る

情報発信をしていると気の合う仲間が出来ます。

どういうことか。

 

例えば、ギターの情報発信をしていると、ギター好きが集まります。

そしてSNSなどを通して交流したり場合によってはギターオフ会を開いたり、一緒にギターを弾いたりする仲間が出来るかも知れません。

こうして、「好きなことで繋がった仲間」が増えて行くんですよね。

これは単純に楽しいです。

 

少し余談(?)になりますが、ハーバード・メディカル・スクールのロバート・ウォールディンガーという教授(臨床精神医学)が2015年11月に発表した研究結果があります。

その研究結果を一言で説明するとこういうことになります。

「人を幸せにするものも、人を健康にするものも、【人との繋がり】である。」

人を幸せにするのは、富でも名声でもなく良好な人間関係なんですね。

そういう意味では、情報発信をして人との繋がりを作り、良好な人間関係を作るというのは非常に幸福度が上がる可能性が高い。

もちろん、むやみやたらに増やす必要はないと思いますが、趣味を一緒に楽しめる仲間が増えるのは幸福度上がるなと思います。

自己成長に繋がる

自己成長というと、何かボンヤリとしていますが、例えばこういうことです。

  1. 人に伝えるための能力が上がる
  2. 知識の欠損を埋めることが出来る
  3. 知識が定着する

 

1、人に伝えるための能力が上がる

情報発信をする目的は色々とありますが、共通していることといえば、人に何かを伝えるということ。

人に何かを伝えるためには、

  • 「どういう切り口で話せば伝わるかな?」
  • 「どういう例を出せば伝わるかな?」
  • 「どういう言葉を使えば伝わるかな?」
  • 「どの順番で話せば伝わるかな?」

など、色々なことを考える必要があります。

これって、相手の立場になって考えるということでもあるんですよね。

相手の立場に立って考えるクセが付くと、人とのコミュニケーション能力が上がります。

コミュニケーション能力が上がると、人間関係の悩みが減ります。

まぁ、僕自身がまだまだ修行中なので、「コミュニケーション能力が上がる」なんて言っても信ぴょう性がないかも知れませんがw

それでも、情報発信を始めたことで少しは成長出来ているという実感があります。

 

さて、また余談(?)になってしまいますが、先ほど「人間を幸福にするのは人との(良好な)繋がりだ」というお話をしました。

じゃあ、人との良好な関係を築くには何が必要かといったら良好なコミュニケーションですよね。

そういう意味でいうと、「情報発信って人生の幸福度を上げてくれるのかも」なんて思います。

もちろん、情報発信をすることにより、今まで見えなかった世界が見えるので人によっては幸福度が下がってしまう可能性もあります。

ありますが、それはもう人それぞれ対策をするしかないので、ここでは深く言及しないことにします(笑)

 

2、知識の欠損を埋めることが出来る

情報発信をしていく中で

  • 「あれ?そういえばこの辺、全然分からないな」
  • 「ここは感覚でやっていたけど、実はよく分かってなかったな」

みたいに思うことって結構沢山あります。

このような分からないことが出て来たらチャンスです。

なぜなら、調べることで知識の欠損が埋められるからです。

このように、知識の欠損を見つけたら、調べる。

そうすることによって知識が増えます。

知識が増えれば、それだけ考えるための材料が手に入ったということになりますから、あなたの思考を深めることが出来て、発信する内容にも厚みが出ます。

 

3、知識が定着する

「本を読む時は(インプット)人に教える(アウトプット)つもりで読みましょう」なんて話を聞いたことがあると思います。

これは、人に教えるつもりで情報をインプットすると、自分の中に知識が定着するからなんですよね。

逆にいうと、知識が定着していないと人に教えることは不可能ということになります。

 

繰り返しになってしまいますが、情報発信は「人に何かを伝える」が目的ですから、情報を発信するためには知識を自分の中に定着させなければならないということ。

では、知識が定着すると、どうなるか。

その知識を「使える」ようになります。

そして、知識を使える状態にすることで「知恵」にランクアップします。

知識を「知っている」と「使える」では大きな差が生まれるんですよね。

 

情報発信のメリットまとめ

さて、このページでは情報発信のメリットをお伝えして来ました。

簡単に振り返ってみると

  1. 雇われずに稼ぐ力が身に付く
  2. 気の合う仲間が出来る
  3. 自己成長に繋がる

ということですね。

お金も稼げるし、仲間も出来るし、自己成長にも繋がる。

また、人との繋がりやコミュニケーション能力の向上という観点から、人生の幸福度を上げてくれる可能性が高い。

このページを書いていて思いましたが、情報発信をすることのメリットは「人生の幸福度が上がること」なのかも知れませんね。

RELATED POST
情報発信

多くの情報発信者の中からあなたを選んでもらう方法~「私が情報発信しても意味ないんじゃない?」なんて思っているあなたへ~

2020年9月28日
ともぞう、情報発信のブログ
どうも、ともぞうです。 情報発信を始めたいけど、中々始められない人の中には「私なんかが発信しても意味がない」と思ってしまう人がいます。 …